Retinaに最適化された「Office for Mac 2016」のプレビュー版が登場!正式リリースは2015年後半

Microsoft Office 2016
Mac使いには辛い現実がある。いくらAppleの製品やサービスで身の回りを固めようとしても、世の中のマジョリティがWindowsユーザーであることは常に配慮しなければならない。仕事でMacを使っている人なら尚更だ。

日々「Microsoft Office」を使っている人に朗報だ!本日、MicrosoftRetinaに対応した「Office for Mac 2016」のプレビュー版を公開した!無料でダウンロードできるので、試したい人はこちらからどうぞ

フルスクリーンモード、Retinaディスプレイに対応

新しい「Office for Mac 2016」は念願のRetinaディスプレイに最適化され、フルスクリーンモードにも対応。「Office 365」を利用し、複数プラットフォーム間でも編集内容を同期する仕組みを提供している。Macから編集しつつ、移動中にiPhoneで微修正をし、iPadでプレゼンをするということも可能なのだ。それだけで仕事がデキる雰囲気出そう。

現在、「Office for Mac 2011」を使っていても並行して利用できるため、試しやすい。OS X Yosemite」が動作するMacが必須となっていて、日本語もサポートされている。

Excel 【img via 9To5Mac

Powerpoint 【img via 9To5Mac

Word 【img via 9To5Mac

正式リリースは2015年後半。含まれるアプリはWord、PowerPoint、Excel、Outlook、OneNoteの5種類。試してみたい人は以下からダウンロードするべし!


(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!