【UP by Jawboneの使い方】連携したアプリのプライバシー設定を変更する方法

Up by jawbone
先日、サードパーティ製アプリとも連携が可能になったUp by Jawbone」。

これまでランニングするときは必ずRunkeeperを使っているので連携が発表されたのは嬉しかったものの、UPアプリ内のタイムラインに具体的なランニングコースが公開されることに関して若干居心地が悪かった。

調べてみたところ、連携したアプリのプライバシー設定を変更する方法があったので、紹介しておく!

UP by Jawbone 2.5(無料)iPhoneアプリ紹介リンク
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ソーシャルネットワーキング
販売元: Jawbone – Aliphcom, Inc.(サイズ: 43.1 MB)

連携アプリごとにプライバシーのオン・オフ切り替え可能

設定方法は例によって簡単!

まずはUPアプリの「設定」を開く!
UP by Jawbone
「設定」の中にある「プライバシーと共有」をタップ!
UP by Jawbone
一番下に連携しているアプリが表示されているので、UP内のタイムラインに公開したくない情報はオフにするだけ!簡単!
UP by Jawbone
これまでは基本的に個人情報を垂れ流しにしていた僕だが、最近は少し位置情報の公開範囲に気を遣うようにしている。今の世の中、誰に何を見られているか分からないからね!

気になる人は設定するべし!

【UP by Jawboneの使い方】「スマートアラーム」機能を使って眠いの浅いタイミングで起こしてもらおう! | gori.me

【UP by Jawboneの使い方】「アイドルアラート」機能でぐうたら生活に終止符を打つ!怠けていると「運動しなさい!」と催促してくれる、スゴイ機能! | gori.me

【UP by Jawboneの使い方】ボタン操作を覚えよう!「目覚めモード」と「睡眠モード」の切り替え方とその確認方法 | gori.me


UP by Jawbone 2.4(無料)iPhoneアプリ紹介リンク
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ソーシャルネットワーキング
販売元: Jawbone – Aliphcom, Inc.(サイズ: 42.5 MB)




オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー