Tim Cookの母校、生徒用PCをMacBookからChromebookに乗り換え

Chromebook macbook 【image via seanmfreese

このニュースを見て今頃クック船長は泣いているに違いない。

The Washington Postによると、AppleのCEO Tim Cook氏の母校であるRobertsdale(ロバーツデール)高校を含む周辺の学生に配るPCをMacBookからChromebookに乗り換えたことが明らかになった!

乗り換えで費用を75%カット!運用のしやすさが決め手

ロバーツデール高校を含むボールドウィン郡では3年生から高校3年生まで合計20,000台以上のAppleデバイスが支給され、利用していたとのこと。教員も支給対象だったようだ。

これは同郡が実施していた、3年間で総額2,400万ドル規模にも及ぶ大規模なプロジェクト「Digital Renaissance(デジタル・ルネッサンス)」の一環として行われていたもの。

学校がAppleデバイスを支給してくれる。生徒や教員からすると最高としか言いようがない環境だが、残念ながらその環境は先月で打ち切られてしまったそうだ。

理由は単純。コストが高すぎたらしい。

代わりに今彼らに至急されているのはLenovoのChromebook。Chromebookは200ドルで購入でき、MacBookと比べて75%も安い。

理由はコストだけではない。「運営がしやすく、使いやすく、セキュリティ面においてもChromebookの方が優位」と語るのはボールドウィン郡内の学校全体の技術部門を統括するHomer Coffman氏。生徒や教員が使用しているGoogleが提供する教育関連アプリケーションは当然Chromebookでも利用できるため、乗り換える上で大きな支障も無さそうだ。

冷静に考えてみると、確かにChromebookの方が運用は楽そうだ。OSのアップデートや修理など様々なメンテナンスを考えるとMacBookは不都合が多い。

念のために付け加えておくと、確かにTim Cook氏は1978年にロバーツデール高校を卒業しているが、ボールドウィン郡がApple製品を導入することにも打ち切ることにも一切関与していない。ただ、かつては「教育のApple」というイメージが「コスト」や「運用のしやすさ」という面においてGoogleのChromebookに侵食されているというのは実に興味深い。

低コストでシンプルなChromebook

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via Cult Of Android

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告