【比較】 13インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」と12インチ型MacBookのスペック・仕様を比べてみた

MacBook Pro Retina
新しくなった13インチ型「MacBook Pro」は非常にコンパクトだ。13インチ型「MacBook Air」と比較しても一回り小さく、薄く、重さはほとんど変わらない。


では、12インチ型MacBookと比較するとどうか。

本記事では「Touch Bar」非搭載モデルを含む新しい13インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」と12インチ型MacBook (Early 2016)のスペック・仕様を比べてみた!参考にどうぞ!

MacBook Pro」の性能比較ーー2016年 V.S. 2015年

まずは1分程度で分かる、新しい13インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」が12インチ型MacBook (Early 2016)から進化したポイント・変わったポイントをまとめたので、ご覧あれ!

  • ディスプレイが67%明るく、コントラスト比も67%高く、標準的なRGBより25パーセント多い色を使用することができるようになった
  • Intelの第6世代「Core i5/i7」チップを搭載
  • ストレージがオプションで最大1TBまで搭載可能
  • RAMがの動作クロック数が2,133MHzに(「Touch Bar」搭載モデルのみ)
  • GPUは「Intel Iris Graphics 540/550」を採用
  • USB-Cポートはすべて「Thunderbolt 3」規格に
  • USB-Cポートは2つ以上(「Touch Bar」搭載モデルは4つ)
  • ヘッドホン端子は健在
  • ファンクションキーが「Touch Bar」に(「Touch Bar」搭載モデルのみ)
  • Touch IDを内蔵(「Touch Bar」搭載モデルのみ)

続いてより具体的なスペックの比較は下記表を参考にどうぞ!

新型13インチモデル12インチ型MacBook
256モデル256GBモデル512GBモデル256GBモデル512GBモデル
Touch BarTouch IDセンサーが組み込まれたTouch Bar
ディスプレイ13.3インチRetinaディスプレイ
(2,560 x 1,600ピクセル、227 ppi)
500ニトの輝度
広色域(P3)
12インチ(2,304 x 1,440ピクセル、226ppi)
CPU2.0GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、4MB共有L3キャッシュ2.9GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、4MB共有L3キャッシュ1.1GHzデュアルコアIntel Core m3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大2.2GHz)、4MB L3キャッシュ1.2GHzデュアルコアIntel Core m5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、4MB L3キャッシュ
RAM8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ
ストレージ256GB256GB512GB256GB512GB
グラフィックIntel Iris Graphics 540Intel Iris Graphics 550Intel HD Graphics 515
電池持ち最大10時間
ポート2つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
USB-Cポート
3.5mmヘッドフォンジャック
高さ1.49 cm0.35〜1.31 cm
30.41 cm28.05 cm
奥行き21.24 cm19.65 cm
重量1.37 kg0.92 kg
価格
(税別)
148,800円178,800円198,800円128,800円158,800円

12インチ型MacBookを買うより13インチモデル推奨

MBP13RD 2016 PT SpGry PR PRINT
ハッキリ言って12インチ型MacBookを買うのであれば新しい13インチ型「MacBook Pro」を買った方が良いだろう。

もちろん、物理的なサイズに関しては12インチ型MacBookに軍配が上がる。薄さ、大きさ、重さ、全てが12インチモデルの勝ちだ。

ただし、マシーンとしての使い勝手を考えた場合、新型「MacBook Pro」は非常に魅力的だ。ストレージは最大1TBまで、RAMも16GBまで搭載することができ、USB-Cポートも「Thundebolt 3」規格に対応。

何よりも決定的な違いは搭載されているプロセッサー性能。貧弱な「Core M」シリーズではなく、第6世代の「Core i5」または「Core i7」が内蔵されているため、間違いなく12インチ型MacBookよりは高いパフォーマンスを発揮することができるだろう。

12インチ型MacBookを選ぶ理由は以下の3つぐらいしか思い当たらない。

  • とにかくライトな作業しかしない自信がある
  • とにかく可能な限り軽くて薄くてコンパクトであることが重要
  • とにかく静かに使いたい(ファンの音が気になる)

これから12インチ型MacBookを買おうか考えている人は13インチ型「MacBook Pro」を検討した方が良い。

「Touch Bar」搭載モデルか、非搭載モデルか

MBP13RD TB 2016 SpGry Orange PR 00 0008 052 PRINT
それなりに作業する人であれば12インチ型MacBookよりも13インチ型「MacBook Pro」がオススメだが、今回、13インチモデルは「Touch Bar」搭載モデルと非搭載モデルがある。どちらを買うべきか。

「Pro」と名前に入っているが、特に下位モデルはプロ向けよりも大衆向けだ。「Touch Bar」の有無以外の主な違いは下記の通り:

  • 「Touch Bar」搭載モデルの方がCPU性能が良い
  • 「Touch Bar」搭載モデルの方がRAM性能が良い
  • 「Touch Bar」搭載モデルの方がGPU性能が良い
  • 「Touch Bar」搭載モデルの方がポート数が多い

要は、「Touch Bar」搭載モデルの方がスペックが良いのだ。

スペックを重要視するのであれば間違いなく「Touch Bar」搭載モデルにした方が良いが、それほどでもないという人は「Touch Bar」非搭載モデルでも十分対応できるかもしれない。

特に11インチ/13インチ型「MacBook Air」からの買い替えを検討している人は下位モデルでも十分すぎるほどの性能が期待できる。下位モデルは個人的にも注目のお買い得モデルだ。

13インチ型「MacBook Air」を買うなら13インチ型「MacBook Pro」。12インチ型MacBookを買うなら13インチ型「MacBook Pro」ではないだろうか。


 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!