【レビュー】ダイソンの「DC62」は掃除が楽しくなるコードレス掃除機!吸引力は強烈、強モードは騒音レベル

Dyson DC62 motorhead pro
我が家は犬を飼っている。毛が舞うのは当たり前のことなので、定期的に掃除機を掛け、意識的に床を綺麗に保つようにしている。

キャスター式の掃除機は不便だ。なぜならコードをコンセントに挿し、限られた範囲のみを掃除し、届かなくなったら再度近いコンセントに差し替え、という作業を繰り返す必要があるからだ。面倒すぎる!

部屋を綺麗にしたいというモチベーションに応えてくれる掃除機が僕には必要だった。だとすれば買うなら「他のコードレスクリーナーの10倍の吸引力を持つ」あの掃除機しかない。

先日、僕はダイソンのコードレス掃除機「DC62 motorhead pro」を購入した!

買ってから2ヶ月以上経っているが、ハッキリ言ってこの掃除機は最高だ。噂通りの強烈な吸引力はもちろん、コードレスということもあり掃除が捗る、捗る!フローリングが見る見る綺麗になることが嬉しすぎて思わず毎日掃除したくなってしまう!

本体の外観や同梱物、実際に2ヶ月使っていて分かった「DC62」の良し悪しについてまとめたので、続きからどうぞ!

「DC62」の外観をチェック

まずは「DC62」の高い吸引力を解説した動画を載せておく。最近はテレビCMでもお馴染みのフレーズ「他のコードレスクリーナーの10倍以上の吸引力」を全面的に打ち出している。



それでは手始めにパッケージと同梱物を紹介する!

パッケージと大量の同梱物をチェック

Dyson DC62
購入したのは「Dyson DC62 motorhead pro」。掃除機をオンラインで購入したのは初めてだが、想像よりも大きいパッケージが届いて驚いた。
Dyson DC62
パッケージの裏には本体以外に含まれる大量の同梱物が丁寧に解説されている。
Dyson DC62 10Dyson DC62
同梱物を全て取り出してみたところ。多種多様なヘッドと10倍以上の吸引力を組み合わせれば掃除できないところなんてあるはずがない。あらゆるタイプのヘッドが含まれている。
Dyson DC62

「DC62」本体

続いて「DC62」本体を紹介する!
Dyson DC62
正面から見たところ。
Dyson DC62
後ろから。中央にある「MAX」ボタンを押すことによって強モードと通常モードを切り替えることができる。ちなみに使い始めてから2ヶ月経ってようやく分かったのだが、切り替えるためにはトリガーを引き掃除機を掛けている時に「MAX」ボタンを押す必要がある。掃除機を掛けていない場合は押しても変化はない。
Dyson DC62
掃除をしていない時は簡単にオフにできるトリガー式を採用。長持ちしない電池持ちを節約するためにも必要不可欠。約3.5時間の充電で約20分の連続使用が可能となっているが、強モードにした場合、連続使用時間は6分と極端に短い。
Dyson DC62
ゴツゴツとしたメカニカルな本体には従来のモーターよりも最大3倍の速度で高速回転する「ダイソンデジタルモーターV6」と強力な風量を実現する2層に配置された15個のサイクロン「2 Tier Radial サイクロン」が含まれている。本体の重さは2.1kg。僕はこの重さは特に気にならないが、彼女に持たせたところ、少し重いと感じるそうだ。
Dyson DC62
これまで使っていた掃除機は誰がどう見ても掃除機らしい掃除機だったが、「DC62」はまるで近未来ガジェットのような存在感がある。格好良い。
Dyson DC62
中央にある紫色のフタはフィルター部分。引っ張ると取り出すことができる。
Dyson DC62
月に1回、水洗いする必要がある。
Dyson DC62
「DC62」にはゴミ袋がない。ゴミは本体の透明な部分に溜まる仕組み。トリガーの向かい側にあるボタンを下方向に押すことによってゴミ入れが開き、捨てることができる。
Dyson DC62
使い始める前はこの仕組みは間違いなく便利だと思っていたが、実際に使ってみるとゴミが引っ掛かってしまい、捨てるのが意外と大変だということが分かった。
Dyson DC62

クリーナーモーターヘッド

「DC62」が魅力的なのは本体の吸引力だけではない。細いゴミを徹底的に拾い上げる「クリーナーモーターヘッド」の貢献度も大きい。
Dyson DC62
特徴はカーボンファイバーブラシとナイロン素材のブラシを組み合わせた構造。より多くのゴミを掻き出し、吸い上げることに貢献している。
Dyson DC62
Dyson DC62

その他のヘッド部分をチェック

「DC62」には「クリーナーモーターヘッド」以外にも「隙間ノズル」や「コンビネーションノズル」など、様々なヘッド部分が含まれている。下記にそれぞれの写真を載せておく。


各種ヘッドを「DC62」本体と取付てみた

パイプ+クリーナーモーターヘッド

ヘッド部分だけを見ても仕方がないので、実際に本体と取り付けてみた。下記はパイプとクリーナーモーターヘッドを取り付けた状態。恐らく最も標準的な装備ではないかと思われる。

Dyson DC62
個人的にはパイプ部分を抜き、クリーナーモーターヘッドを直接本体に取り付けて使用している。この方がゴミを視覚的に確認しつつ掃除できるので掃除がしやすい。

その他の組み合わせをチェック

他のヘッド部分を組み合わせた写真は以下からどうぞ!



収納用ブラケットに充電器ケーブルを通す方法

「DC62」は本体を充電しやすくするために充電ケーブルと一体化する収納用ブラケットが用意されている。これを組み合わせることによって、収納用ブラケットに本体を挿す度に自動的に充電されるようになる。

問題は取り付け方がよく分からないということ。説明書を読んでもよく分からないので解説しておく!

まず裏からこのようにしてケーブルを隙間に這わせる。
Dyson DC62
端子部分がこのように飛び出るように配線する。
Dyson DC62
収納用ブラケットの丸みを帯びた部分にケーブルを差し込み、しっかりと固定。これで配線は完了。
Dyson DC62
正しく取り付けると以下のようにケーブルの端子部分が突起した状態になっているはず。
Dyson DC62
ここに本体を差し込むことによって充電が開始される。これは……めちゃくちゃ便利だ!
Dyson DC62
本体が充電されているとこのように青いLEDが点灯する。先ほども書いた通り、電池残量ゼロからフル充電するには3.5時間掛かる。
Dyson DC62
ケーブルを取り付けた収納用ブラケットをそのまま床に置いているようではまだ未完成。実は壁などに取り付けることができるようになっているのだ!我が家は賃貸なので壁には取り付けられないが、いずれかは2.1kg以上の重さを支えられそうな家具に取り付けたいと企んでいる。

「DC62」の実力はいかに?!椅子を掃除してみた

外観や使い方を紹介したが、実際のところ「DC62」の実力はどの程度なのだろうか。ビフォーアフターがある程度分かり、写真で見ても見るに耐え得るものを探した結果、犬の毛とホコリで汚れてしまった椅子を発見!「DC62」で掃除してみたので、ビフォー・アフターでご覧あれ!

ビフォー:掃除する前の仕事椅子

まずこちらがビフォー。見るからに汚れていることが分かるのではないだろうか。特に椅子の端は汚れで詰まっている。汚い。

Dyson DC62
Dyson DC62

アフター:「DC62」で多少スッキリした仕事椅子

そこを「DC62」で数分間掃除してみた結果、このようになった。完璧ではないが、掃除する前に比べると圧倒的に綺麗だ。

Dyson DC62
Dyson DC62

「DC62」を2ヶ月間使ってみて分かった4つのこと

最後にこの2ヶ月間以上、「DC62」を毎日使っていて感じたことをまとめておく。

1. 目に見えないゴミが大量に吸い上げられ、驚愕!掃除が楽しくなる

「DC62」を買って最も大きく変わったのは掃除が楽しくなったということ。

コードレスになりコンセントの繋ぎ直しを一切考える必要が無くなったこともそうだが、吸っているゴミが目に見えて溜まっていくので「自分が掃除をしている」という実感が沸いて楽しい。一見、汚れてなさそうなフローリングの上を数分間掃除すると信じられない量のゴミを掻き集めてくれる。さすが10倍以上の吸引力。

2. 「強モード」の音は騒音レベルでうるさい

「DC62」には通常モードと強モードが用意されている。通常モードであれば20分間使い続けることができるが、強モードではたった6分しか持たない。その代わり、吸引力の本気を発揮するので驚くほどゴミが吸い取れる。たとえるならば、マリオがスターを手に入れたような状態だ。

吸引力が最高レベルに引き上げられるのは嬉しいことだが、同時に吸引中の音がとんでもないことになる。ハッキリ言って騒音だ。間違えても深夜に使うことはできない。分厚い壁のある家でも即クレームが来るレベルでうるさい。

通常モードでも十分な吸引力があるため、時と場合によって使い分けることをお勧めする。万が一使用する場合は陽が出ているうちにしましょう。

3. ゴミを捨てるのが意外と大変

本体に溜まったゴミを捨てるためには開閉ボタンを押し、ゴミが自然と落ちてくる仕組みになっているのだが、残念ながらそう簡単に落ちてこない。ゴミ箱に何度か当てたり、最悪の場合実際に指でゴミを取り出さなければならないこともあった。

もう少し溜まったゴミを掻き出す仕組みがあると便利なのだが。

4. 強モード6分、通常モード20分でも掃除には支障無し

実は「DC62」が長くても20分しか電池が持たないということは買った後に気が付いた。正直かなり不安だったが、20分以上どころか、6分以上掃除機を掛けることはほとんどないことに気が付いた。

むしろ、20分以内という制限時間が設けられていることによって掃除に気合いが入り、集中して家の隅々まで掃除機を掛けることができ、効率的に掃除できているかもしれない。

まとめ:ルンバよりもダイソン!掃除が楽しくなる掃除機「DC62」

強モードがうるさいということとゴミ捨てが不便であるということ以外は一切不満のない「DC62 motorhead pro」。6万円以上もする高価な掃除機ではあるが、これは買って大正解だった。

多くの家庭ではお父さんや子供が掃除を手伝ってくれないというお母さんの不満話をよく耳にする。高い買い物ではあるが、ダイソンが1台あれば掃除が楽しくなるのでお父さんも子供も手伝ってくれるかもしれない。特別掃除機を掛けるのが好きではなかった僕がほぼ毎日のように掃除機を掛けるようになったのは、やはりゴミが目に見えるということがモチベーションに繋がっているのかもしれない。「掃除している感」、大事。

同じぐらいの価格帯で購入できる今話題の掃除機としてルンバが挙げられる。実は僕もルンバの購入も検討していたのだが、ルンバは掃除できる範囲を自動的に掃除することしかできない

「DC62 motorhead pro」であれば床はもちろんのこと、机やベッドの上、換気扇や階段の上も掃除できる。ルンバ1台で全ての掃除すべき箇所をカバーできるほど、掃除は楽ではない。同じ金額を払うのであればより多くの箇所を掃除できるのダイソン一択と言っても過言ではないだろう。

「自宅を綺麗にしたいけど、モチベーションが上がらない」。そのような人には特に「DC62 motorhead pro」をお勧めする。購入は以下またはダイソン公式サイトからどうぞ!


オススメ
Dyson DC62 motorhead pro

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法