Appleの自動運転技術用テスト車両数は70台、ドライバーは139人に

New Apple Car in Testing

Appleは引き続き自動運転技術のテスト規模を拡大している。

macReportsによると、テスト車両は70台になり、ドライバー139人にまで増えていると報じられている。今年7月時点ではテスト車両は66台、ドライバーは111人とされていた。

噂されている2025年までの正式発表に向けて開発中か

Ming-Chi Kuo氏は今年8月、Appleが「Apple Car」を2023年から2035年の間までに発表すると予想していた。

2016年10月には電気自動車プロジェクトの開発を一旦停止し、自動運転システムの開発に注力すると報じられていたが、自動車業界の変革、AR技術の優位性、サービス部門の成長などを理由として自動車本体の開発に着手していると伝えていた。

テスト車両とドライバーの規模では、GMとWaymoには劣るものの、Teslaよりも多いとのこと。GMはテスト車両が175台、ドライバーが457人、Waymoは車両が88台、ドライバーが415人となっている。

なお、8月24日には衝突事故に巻き込まれていたことが判明した。Appleの自動運転技術用テスト車両の事故報告は初めて。

Appleの将来的な計画に関する最新情報

(via 9to5Mac