Apple製品の供給不足、改善の見通し立つ

記事執筆時点で16インチMacBook ProやiPad(第9世代)は最短で3月以降の配送

Jason leung yf9hEzG8EKI unsplash

Apple製品の供給不足は、2022年1月〜3カ月期で改善される見通しだ。WSJによると、ティム・クックCEOは、「今期は2021年10月〜12月期に比べて状況が良くなると予測している」と発言している。

世界的な半導体不足の影響を受け、Apple製品の多くは在庫不足が続いている。2021年10月に発売された14インチMacBook Pro(2021)は、標準構成(吊るしモデル)でも最短で2月22日以降の配送16インチモデルは3月9日以降までずれ込んでいる

iPadも同様だ。最安モデルのiPad(第9世代)は3月9日以降の到着で、入手困難となっている。

最短でハードウェアを入手する必要があれば、Apple認定整備済製品がおすすめだ。通常価格より15%オフで購入できるほか、在庫があるため購入後すぐに発送される。MacはJIS配列に限定されるが現行モデルも多数取り扱っており、一刻も早くハードウェアを手に入れたい人は検討してもらいたい。

もっと読む

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索