Apple、折畳デバイス向けに薄型の有機ELパネルを開発中か

偏光板を使用しないことで薄型化が期待できる新型パネルを開発しているとの噂

Onur binay WJQYRbgRLk unsplash

Appleは、偏光板を使用しない薄型の有機ELパネルを開発している可能性がある。韓国メディアTHE ELECが報じた。

偏光板は、特定の方向から入る光のみを通す、フィルターのような役割を持つ。ディスプレイパネルの視認性は向上するが、同時にディスプレイ輝度が低下する。一般的には消費電力を上げることで輝度を高めることで対応しているが、パネルの寿命に影響を及ぼすとされている。

偏光板を似た役目を持つ新技術に置き換えることで、偏光板の欠点を克服しながらパネルの薄型化が期待できるという。

Samsung Displayは、偏光板のない有機ELパネルの開発に成功。Galaxy Z Fold 3に採用されているそうだ。

Appleは先月、将来的にMacBookiPadに採用することを見据えて、折畳デバイス向けに薄型の有機ELパネルをLGと共同開発していると報じられていた。Appleの折畳デバイスは直近で発表される可能性は低いが、ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社DSCCは20インチ型の”折畳MacBook”の開発が進められていると予測している。

これまでのニュースをチェックする

12本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索