米App Store、課金アプリの上位1%が売上の94%を占めることが判明

app-store-reject-reason.jpg
App Storeで一攫千金を夢見るデベロッパーはまだいるのだろうか。アメリカではその夢を実現できる人は一握りの人のみとなっているようだ。

Sensor Tower App Marketing Blogによると、米App Storeでは2016年第1四半期における94%の売上は有料またはアプリ内課金のあるアプリを提供しているパブリッシャーの上位1%によるものであることが明らかになった!

アプリで成功するためには上位1%に入る必要アリ

2016年1月1日から2016年3月31日までの期間中、アメリカのApp Storeの売上額14億3000万ドルのうち13億4,000万ドルは個人・法人含めた623デベロッパーによるものだったという。逆に言うと残り61,677デベロッパーは残りの8,850万ドルを分配しているということになる。

これを均等に割ると1デベロッパーあたり1,400ドル(約15万円)ということになる。四半期で15万だなんて、つらすぎる。

Ios publisher revenue breakdown 【image via Sensor Tower App Marketing Blog

なお、全パブリッシャーを含めたダウンロード数の割合では上位1%のパブリッシャーが全ダウンロード数の70%を占めていることも明らかになっている。


(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法