Final Cut Pro、最新アップデートでFCPXML 1.9/1.10のファイル読み込みなどの不具合を修正

書き出しでビデオコーデックの設定が使用できなかった問題なども修正済み

Final Cut Pro Update version 10 6 1

Appleは11月15日、Final Cut Proの最新アップデート「バージョン 10.6.1」をリリース。FCPXML 1.9および1.10のファイルを正常に読み込めないことがある問題など、複数の不具合を修正している。

リリースノートは以下のとおり。

  • FCPXML 1.9および1.10のファイルを正常に読み込めないことがある問題を修正
  • “システム環境設定”で言語がスペイン語に設定されている場合に、Command+Zキーのキーボードショートカットで“取り消す”が実行されない問題を修正
  • “ファイルを書き出す”の共有先でフォーマットに“コンピュータ”を選択したあと、ビデオコーデックの設定が使用できなかった問題を修正
  • AC3オーディオの再生中の信頼性が向上
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索