Final Cut Pro、最新バージョンでMac Studioに最適化

iMovieのマジックムービーとストーリーボードで作成されたプロジェクトの読み込みにも対応

Final Cut Pro on MacBook Pro

Final Cut Proが、「バージョン10.6.2」にアップデートされた。最新バージョンでは、再生性能とグラフィックス性能がMac StudioのM1 MaxおよびM1 Ultraに最適化iOS用iMovieバージョン3.0で作成された、マジックムービーとストーリーボードのプロジェクトをタイムラインに読み込む機能に対応している。

またプロジェクトに複数回出現するメディアを、クリップ範囲やタイムラインインデックスをハイライト表示する機能が追加。機械学習を使用して背景ノイズのレベルを調整することで、スピーチの明瞭度が向上している(macOS Montereyバージョン12.3が必要)。

その他にもバグも修正され安定性が向上。韓国語に対応している。

公開情報
更新日2022年04月14日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索