Apple、「Final Cut Pro」を「バージョン10.3.3」にアップデート

Final Cut Editing on the new MacBook Pro

AppleがFinal Cut Pro」を「バージョン10.3.3」にアップデートにしている。

インスペクタの幅を広げてエフェクトパラメータを表示および調整が可能になり、ロールエディタのカラーオプションが増えているとのこと。DVD作成時の画質、メニューとチャプタのタイトルのフォント品質が向上している。フルスクリーンの終了時にビューアが消えることのある問題も解決されている。

リリースノートは続きからどうぞ!

「Final Cut Pro バージョン 10.3.3」の新機能

• インスペクタの幅を広げてエフェクトパラメータを表示および調整できます
• 古いライブラリのアップデートに関する問題が解決されます
• ディスクに記録しながら読み込まれているクリップの使用時のオーディオ波形の再描画が高速になります
• タイムラインでロールの表示を変更すると、タイムラインインデックスにひし形のアイコンが表示されます
• ロールエディタのカラーオプションが増えます
• “ブラウザに表示”で元のクリップの位置がブラウザに正確に表示されます
• Canon Log 3とSony S-Log3/S-Gamut3のログ処理がサポートされます
• フルスクリーンの終了時にビューアが消えることのある問題が解決されます
• DVDへの共有が応答しなくなる問題が解決されます
• DVDでのメニューとチャプタのタイトルのフォント品質が向上します
• DVD作成時の画質が向上します
• DVDのユーザ・ダイアログ・メッセージで書類へのリンクが改良されます

なお、同時に「Compressor」と「Motion」もそれぞれ最新バージョンにアップデートされている。

「Final Cut Pro」はApple純正の映像制作アプリケーション。「MacBook Pro 2016」との相性も抜群で、「Touch Bar」を有効に使うことができる数少ないアプリケーションの1つ。詳細は下記記事を参考にどうぞ!

あわせて読みたい