【レビュー】Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2」ーーレンズを付けたまま一眼レフカメラを収納可能

Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

一眼レフカメラをカバンの中に入れて持ち歩く時、どのようにしてカメラ本体を守っているだろうか。

僕は恥ずかしながら、つい最近までそのまま入れて持ち運ぶか、タオルなどに包んだり、衣類の間に挟まれるようにして持ち運ぶことが多く、特にカバンの中に入れるためのカメラバッグなどは用意していなかった。

さすがにそろそろカメラを安全に持ち運ぶためのカメラバッグが欲しくなり物色していたのだが、レンズと本体を分けて持ち運ぶものが多く、ズボラな僕の購買意欲は刺激されず。さらに物色していたところ、Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2に巡り合うことができた。

本来はショルダーストラップを付けて持ち運ぶことができるカメラバッグだが、それを付けなければカバンの中に入れてカメラケースとして使うことが可能。レンズも付けたまま収納することができ、万が一の時のレインカバーも同梱されているので安心!

とても気に入っているので写真とともに紹介する!

レインカバー付きで急な雨にも対応!ポケットも沢山

まずは簡単に外観を紹介する。冒頭の写真のタグを外したところにあるのがこのポケット。メッシュポケットがあり、鍵などを付けられるホックも用意されている。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

手で持つことができる取っ手があることが個人的には重要。同梱されているストラップを使う予定はなく、あくまでもバッグの中に入れて持ち運ぶためのバッグなので、このような取っ手が無いと話にならない。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

このようにバッグのストラップを通すための穴も用意されている。ズボンのベルトを通して使うこともできるのかな。ヒップベルトに通して使ったら便利そうだなあ、見た目はダサいけど……。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

これが同梱されているストラップ。しっかりとした作りで長さの調整も可能。取り付ける箇所は2つなので、ショルダーのように肩に掛けて使う仕組みとなっている。
Lowepro Camera bag Toploader Zoom AW2

メインのポケットを開けると蓋の裏側にもポケットが用意されている。普段使いであれば貴重品やSDカードなどかさばらないものを入れておけそうだ。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

個人的に驚いたのは下の方にあるポケット。なんとここにはレインカバーが用意され、必要な時に簡単にかぶせることができる。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

一眼レフカメラでも雨など悪天候に耐えられる性能を持つフラグシップモデルを持っている人は一握り。高いお金を掛けて買ったカメラが濡れて故障することを防ぐためにもこのような雨具が用意されているのは嬉しい。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

「Canon EOS 5D Mark Ⅳに「Canon EF24-105mm F4L IS USM」を付けた状態で入れてみた

今回、丁度仕事で使うので「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」に「Canon EOS 5D Mark Ⅳ」に「Canon EF24-105mm F4L IS USM」を入れてみた。この通り、全く問題なく入れることができる。ストラップは多少隙間にねじ込む必要があるが、概ね問題なく入れることができている。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

この通り、特にパツパツになるというわけでもなく、丁度良く収まっている。ここに大量のバッテリーなどを詰め込もうとすると話は変わってくるが、僕のようにカメラ本体にレンズを付けた状態でそのまま持ち運びたい、という人にとっては非常に良い。
Lowepro製カメラバッグ「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」

この手のカメラバッグは高いものだと1万円以上するものもあるが、僕のように限られた用途であれば今回購入した「トップローダーズーム 50 AW2 4.3L」であれば約3,400円で購入可能。我ながらとてもコスパの良い買い物をしたのでは?!

気になる人は下記からチェックしてみるべし!

もっと読むカメラまとめ