「iOS 7」ではAppleの認定を受けていないLightningケーブルを挿すと通知される仕様に!

Lightning cable 【img via 9To5Mac

Lightningケーブルが登場して以来、Appleは純正のケーブルもしくはサードパーティ製だとしてもAppleの認定を受けたケーブルを使うことを強く推奨するようになった。

iOS 7」からはそれがさらに加速!ユーザーがiPhoneにAppleの認定を受けていないLightningケーブルを挿すと通知される仕様になっているようだ!

通知はされるが特に問題なく使用できるとのこと

「ついにAppleは認証を受けていないサードパーティ製ケーブルを完全排除するのか?!」と思った人もいるかもしれないが、実は単に通知がされるだけであって「Dismiss」をタップすればそのまま問題なく使用できるとのこと。

とは言え、繋ぐとiPhoneにマルウェアがインストールされる充電ケーブルも開発されたというニュースも話題になっていたので、今後はAppleの認定を受けていないサードパーティ製を買うのは事実として今までより危険かもしれない。

Appleが純正ケーブルを推奨するのは儲けるためだ、と批判する人もいるようだが、実際このような危険性をはらんでいるとすれば、今後はApple公認のケーブルを使った方が良いのだろう。

注意喚起!繋ぐとiPhoneにマルウェアがインストールされる充電ケーブル「Mactans」が開発される! | gori.me

WWDC2013で発表されたMacBook Air、Mac Pro、iOS 7、OS X Mavericksに関する記事まとめ! | gori.me

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!