iPadの機能を大幅に強化する「iOS 11」のコンセプトムービー

Ipad pro concept for ios11

WWDC 2017」ではiOSやmacOSを含む各種OSの最新バージョンが披露されると予想される。「iOS 11」のコンセプトイメージは過去にも紹介しているが、あくまでもiPhoneにおける動作をイメージしたものだった。

今回、MacStoriesiPadにインストールした「iOS 11」のコンセプトムービーを公開していたので、紹介する!

iPadの生産性が大幅に向上することに期待

今回のコンセプトムービーはiPadのプロダクティビティ機能に注目。現状、iPadはiPhoneとできることはほとんど変わらず、「iPad Pro」も外付けキーボードと「Apple Pencil」が利用できることを除けば完全なる「名前だけプロ」端末でしかない。

「iOS 11」によってiPadの生産性が大幅に向上するとこを想像しているこのコンセプトムービーでは、システム全体で利用できるドラッグ・アンド・ドロップ機能を用意。テキストはもちろんのこと、写真やURLをアプリケーション横断で移動することができる。

このドラッグ・アンド・ドロップを可能にするためには一時的にドラッグしたいファイルを保管しておくクリップボードのような存在が必要だ。そこで用意されているのが「Shelf(シェルフ=棚)」機能。ドラッグしたファイルを一時的に保管できる場所として利用できる。

Ipad pro ios11 concept

「Split View」をする際にアプリを選択する機能も見直されている。現状のiOSでは縦長のマルチタスクバーのようなものが画面右側に表示され、対応アプリをひたすらスクロールし続ける必要がある。今回のコンセプトムービーではよく使用するアプリが画面上部に、直近で利用したアプリが画面下部に、そしてさらに探しやすくするためにSpotlight検索が画面最上部に用意されている。

Ipad pro ios11 concept 4

他にも音楽を「ミュージック」アプリで再生させながらYouTubeでも音付きで動画を流すことができる機能や「メモ」アプリの機能強化、ホーム画面上に表示できるアプリ数の増加やFinderの実装などについても想像している。これらが全て実現した場合、iPadは間違いなくプロダクティビティツールとして日頃のちょっとした作業はもちろんのこと、仕事でも使えるようになるかもしれない!

以下、どうぞご覧あれ!

MacStoriesでは事細かく「iOS 11」がどうなるべきかを画像とともに解説しているので、気になる人は下記からどうぞ!

FOLLOW / 最新情報を購読