iOS 14の「ホーム画面ウィジェット」を想像したコンセプトイメージが公開

「従来のアイコン」「データやボタンを表示できるライブアイコン」「フルサイズのウィジェット」が用意されると想像

Ios14 widgets concept

【image via @ParkerOrtolani】

Appleは、Androidのようなホーム画面で利用できるウィジェットを「iOS 14」で提供する可能性がある。アプリと同じように配置を自由に変更できること以外の詳細は不明。TwitterにはiOS 14の「ホーム画面ウィジェット」を想像したコンセプトイメージが公開されている。

ホーム画面上でアプリ表示方法は3種類になると想像

コンセプトイメージを手掛けたParker Ortolani氏は、iOS 14にホーム画面用ウィジェットを作成できる「SpringKit」フレームワークが用意されると想像している。アプリ開発者は、ホーム画面上でアプリの表示方法として「従来のアイコン」「データやボタンを表示できるライブアイコン」「フルサイズのウィジェット」の3種類から選択可能になるという。

一例として、「アクティビティ」アプリのウィジェットは設定したゴール、消費カロリー、エクササイズ時間、「天気」アプリのライブアイコンは気象情報がホーム画面上で確認可能になる。

iOS 14は、「WWDC 2020」(Worldwide Developers Conference=世界開発者会議)で披露される見通し。新型コロナウイルスの影響で、今年はオンライン形式のイベントとして開催される。新型MacBook Pro、オーバーイヤーヘッドホン、忘れ物防止タグ「AirTag」も発表されると見られている。


ストーリータイムライン
9本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年04月08日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    今更感すごいですねー。
    脱獄の話になるのでアレですが、何年も前からこれくらいのこと当たり前のようにできてましたよ。
    これに関してはブレイクスルー感が無い…

    1. g.O.R.i

      まぁ脱獄して使うのはごく一部の人ですのでね笑。(僕もかつてはもりもりのジェイルブレイカーでした)

      なので、多くのiPhoneユーザーにとってはむしろ画期的な機能であるかのような反応になるかと思いますよー。iPhoneは世界中の人をターゲットにした製品なので、後発でも多くの人が快適使えるようにUIを用意し、多くの開発者がシームレスにアプリに実装できるのであれば、それはブレイクスルーと言えるかな、と思います!

「iOSコンセプトイメージ」新着記事
トレンド検索