Apple、サードパーティ修理業者の認定制度「Independent Repair Provider Program」を発表

認定業者はApple公式サービスプロバイダーと同様のトレーニング、純正の部品やツール、修理マニュアル、診断ツールが利用可能に

Apple Global Repair Update 082919

Appleは現地時間8月29日、サードパーティ修理業者の認定制度「Independent Repair Provider Program」を発表した。認定された場合、Apple公式サービスプロバイダーと同様の修理トレーニング、純正パーツやツール、修理マニュアル、診断ツールが利用可能になる。

同制度は米国内でスタートし、順次各国に拡大する予定だという。

ユーザーとしてはより多くの店舗で信頼できる修理サポートを受けられるようになる

「Independent Repair Provider Program」は、全世界で5,000を超えるApple公式サービスプロバイダー(Apple Authorized Service Providers、AASPs)の拡大し続けているネットワークに対するAppleの継続的な投資を補完することが狙い。

修理業者は、参加するために費用は必要ない。対象になるためにはAppleから認証を受けたテクニシャンが修理がいる必要があり、その認証を受けるためには専用ページから申し込みを行う必要がある。

先日、「iPhone XS/XR」で正規の手順でバッテリー交換をしていない場合、「バッテリーの状態」が利用不可になることが判明し、Appleはこれに対し、正規店以外のiPhoneバッテリー交換による機能制限を「ユーザーを守るため」と説明していた。

今回の認定制度により、より多くの修理業者がApple正規の部品やツールを使うことができ、結果的にユーザーとしてはより多くの場所で、信頼できる修理サポートを受けられるようになることが期待される。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索