初代iPhoneの発売日から10年

Iphone launch

初代iPhoneは2007年1月9日、「MacWorld」の基調講演中にSteve Jobs氏が初めて披露。同年の6月29日、アメリカ限定で発売された。

よって、6月29日はiPhoneの10歳の誕生日。初代iPhoneから発売してから10周年を迎えたのだ。

日本では初代iPhoneは販売されず、2008年に「WWDC 2008」で披露された「iPhone 3G」をソフトバンクが独占的に取り扱い開始。2年後の2011年には「iPhone 4S」をKDDIが取り扱いを開始し、そのさらに2年後に「iPhone 5s」および「iPhone 5c」が発売され、ドコモもようやくiPhoneの取り扱うようになった

これまで初代iPhoneを含む15モデルのiPhoneが発売されている。また、OSもまだ「iOS」とも呼ばれてもいなかった初代iPhoneのOS「iPhone OS 1.0」から劇的に進化。コピペできなかった時代はもなや懐かしい。

10周年記念モデルとして世界中の期待が高まる「iPhone 8」は3年ぶりにデザインが大幅に刷新され、ホームボタンが廃止された全面ディスプレイになり、ワイヤレス充電や防水仕様、3D顔認識カメラシステム、AR/VR用に縦並びのデュアルレンズカメラを搭載すると噂されている。

この節目の年に披露される次期iPhoneを今秋、目にするのが楽しみだ。

あわせて読みたい