iOSの新しいカメラ機能「SmartCamera」が判明?!特定の被写体を自動認識か

Photo nic co uk nic 193685 taking photos unsplash

「HomePod」のファームウェア公開によって、次期iPhoneに関する情報が次々と明かされている。今度はGuilherme Ramb氏が、特定の被写体を自動認識できるiOSの新しいカメラ機能「SmartCamera」の存在を明らかにした。「iOS 11」と「iPhone Pro」に搭載されている新しいカメラ機能によって利用可能になるのかもしれない。

書かれているコードによると、この新機能では「カメラ」アプリがペットや子ども、スポーツ、空、花火、日の出・夕焼けなど様々な撮影シーンがプリセット。メソッド名が「SmartCamera」となっていることからユーザー自身で設定を切り替えるのではなくiPhoneのカメラが自動的に認識し、それぞれのシーンによって最適なシャッタースピードや露出などを調整してくれるのではないかと予想される。

多くの一眼レフカメラはシーン機能が容易されていることが多く、Appleも似たような機能をよりスマートに実装することを試みているのではないかと予想される。

「freezeMotion」「Confidence」などの新メソッドも

他にも「freezeMotion」や「Confidence」という気になる新しいメソッドも発見されている。

「freezeMotion」は、「顔」「ペット」「赤ちゃん」などに対して用意されていることから、動く被写体に対して早いシャッタースピードでブレずに撮る機能が用意されていることも考えられる。

「Confidence」は「日の出・夕焼け」「ペット」「赤ちゃん」などのシーンに加え、「QR」や「ドキュメント」などに対して明記されている。「iOS 11」ではQRコードやドキュメントの読み取り機能が既に用意されているため、これらがどのような違いがあるのかは不明。

Appleは既に「iOS 10」の「写真」アプリではユーザーの顔を認識し、分別する機能を用意している。「iOS 11」以降ではそれを撮影する時点で活用し、より良い写真の撮影を可能にするかもしれない。

「HomePod」のファームウェアからは「iPhone Pro」のデザインや「Face ID」の存在が発見され、有効エリアの画面解像度も明らかになり、さらに分割ステータスバー搭載、Tap to Wake対応や、次期iPhoneの非接触充電・高速充電対応を示唆するコードが発見されている。

あわせて読みたい