次期iPhoneの非接触充電・高速充電対応を示唆するコードが発見される

IPhone Pro forbes Rendering 2

「iPhone Pro」のデザインや「Face ID」の存在が発見され、有効エリアの画面解像度も明らかになり、さらに分割ステータスバー搭載、Tap to Wake対応を示唆するコードも明らかになった「HomePod」のファームウェアだが、また次期iPhoneに関する新たな情報が明らかになった。

Redditの投稿によると、「CanChargeInductive」や「MFAACanChargeInductive」、「CanChargeHighVoltage」など、非接触充電(ワイヤレス充電)および高速充電を示唆するコードが発見され、話題になっている。

対応する製品名は明記されていないが、iPhoneが濃厚?

下記スクリーンショットにある通り、投稿したユーザーはファームウェア内に非接触充電および高速充電を示唆するコードを発見したものの、これらが次期iPhone用であるとは明記されていない。

Iphone pro wireless charging in code

ただし、これまで組み立て担当企業のCEOがワイヤレス充電に対応を明言し、信憑性の高いKGI証券のMing-Chi Kuo氏も全モデルワイヤレス充電に対応すると指摘していることから、これらが次期iPhoneのことを指している可能性は十二分にある。

また、「iOS 11」にはワイヤレス充電を示唆する新しい効果音ファイルが発見が発見されている。

ワイヤレス充電パッドは同梱されず、遅れて別売り発売されると噂されている。

(via BGR