ジョニー・アイブ、iPhone 11 Pro Maxの展示品に触れ、注意される

そう言えばiPhone 11 Proの紹介動画もナレーションはジョニーじゃなかったね

Jony ive gets scolded

Neil Cybartさんによると、年内に退社することが発表されているAppleのCDO Jony Ive氏がスペシャルイベント後のハンズオンエリアにて、展示されていた「iPhone 11 Pro Max」に触れたことを別のApple従業員に注意されたとツイートしている。

かつてAppleのデザインに限らず、実質的にAppleのトップと言っても過言ではないほど影響力のある存在だったIve氏が他のApple従業員に注意されるというのは、時代の変化を感じさせる。

別のツイートではAppleのCEO Tim Cook氏と意見を交わしている様子が撮影されている。Ive氏は退社後も自身のデザインファーム「LoveFrom」の主要クライアントとして引き続きAppleと取り引きを行うとしているが、いずれこの光景も見る機会が減ってきてしまうのだろうか。

そう言えば「iPhone 11 Pro」の紹介動画もJony Ive氏ではなくハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのDan Riccio氏がナレーションを行っていて、これも時代の変化を感じた。

Jony Ive氏は今年のiPhoneを見て何を思うのだろうか。

コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. んちまみ

    なんか、お辞めになったタイミングがどうしても「あのカメラ」モメじゃないのか?…という感じなので「見に来たった」なのかな?と(´・ω・`)。それにしても功労者にドライなの変わらないですね(汗

    1. g.O.R.i

      まあ米国はそういう文化ですからねwww

「iPhone 11 Pro Max」新着記事
トレンド検索