「iPhone SE」を修理屋「SMART」で分解!これが本当の「開封の儀」だ

ロジックボード出現!ついに「A9」プロセッサー登場

さて、分解を続けよう。次にバッテリーの横にあった長細い部品を取り出そうとしている。
IPhone SE分解レポート

次々とネジを外しては横に出す藤澤さん。ちなみに今回分解した「iPhone SE」は最後組み立て直すそうだ。さすが職人……!
IPhone SE分解レポート

そしてついにロジックボードが出現!この中に「A9」や「M9」があるんだ!
IPhone SE分解レポート

一部部品を覆っていた金属を剥がしてもらうと……そこには「A9」チップが!ついに!初めて本物の「A9」チップを見た!凄い!しっかりと「A9」と書かれている!
IPhone SE分解レポート

横からロジックボード全体をチェック。
IPhone SE分解レポート

裏返すとTOSHIBAのフラッシュメモリを発見。Qualcommの通信用チップもあった。他は文字が小さすぎてルーペなしではよく見えない。
IPhone SE分解レポート

バイブレーター、音量ボタン、LEDフラッシュなど

まだまだ細かいパーツがある。次々と細かいネジが取り外されていく。
IPhone SE分解レポート

次に登場したのはバイブレーター。藤澤さんと「細かすぎてよく分からない」と盛り上がったが、よく考えてみたら藤澤さんは何度も分解しているはずなのでわざわざ僕に合わせてくれていたんだと言うことに今更気付く。藤澤さん優しい。でもまさかiPhoneの振動を起こしているパーツがこれほど小さいとは思っていなかったので……。
IPhone SE分解レポート

続いてメキメキと何かを剥がしている。
IPhone SE分解レポート

上から電源ボタン、マナーモードスイッチ、そして音量ボタンが分解されて登場!音量ボタンは上下が繋がっているらしい。
IPhone SE分解レポート

散らかった大量のネジ達。撮影しながら見ている限りでは後ほど組み立て直すためにある程度部品の場所を決めて置いているようだ。花粉症によるくしゃみが勃発しなくて良かった。
IPhone SE分解レポート

こちらがLEDフラッシュ。音量ボタンやマナーモードスイッチと一体化している。
IPhone SE分解レポート

これはWi-Fi用のアンテナだそう。絶対分からない。
IPhone SE分解レポート

関連キーワード
公開情報
更新日2019年03月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone SE」新着記事
トレンド検索