「iPhone X」、画面タップでスリープ解除できるのが最高

IPhone X Silver Review 14

iPhone X」には「タップしてスリープ解除」という機能が用意されている。Androidスマートフォンで言う「Tap to Wake」と同等の機能で、要は、消灯した状態で画面をタップすると点灯する、というもの。

従来のiPhoneは画面を点灯させるためにはホームボタンを押すか、電源ボタンを押す必要があった。「Touch ID」が著しく進化してからは未読の通知を確認できる前にホーム画面に移動してしまう、という理由で、通知を見るために電源ボタンを押していたという人も多いはず。

その解決策として、「iOS 10」からはiPhoneを持ち上げるだけで画面が点灯する「手前に傾けてスリープ解除」機能が登場。しかし、なぜかこれを嫌がる人も多く、iPhoneを持ち上げると自動的にスリープ解除しないようにしている人は一定数いたようだ。

誤動作防止ーー画面の端や複数指では反応しない仕組み

ロック画面で通知を確認したいが、ホーム画面まで遷移したくない。その要望を叶えてくれるのが、「iPhone X」限定の機能である「タップしてスリープ解除」だ。

Iphonex tap to wake

「iPhone X」ではデフォルトで有効化されている。無効化したい場合は、「設定」アプリの「一般 > アクセシビリティ > タップしてスリープ解除」からできるが、最高に便利なので有効化したままにした方が良い。

この機能のすごいところは、複数本の指でのタップや画面の端のタップでは反応しない、ということ。指1本で画面中央をタップすると反応するため、ポケットに入れたまま誤って画面を点灯させるという可能性は低い。

「iPhone X」を購入し、未だに電源ボタン(今は「サイドボタン」という名称に変わった)で画面を点けている人は、この機会に画面タップする癖を付けておくべし!最高に便利!

もっと読むiPhone Xまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読