LG、5K解像度のウルトラワイドディスプレイ「34WK95U」を発表

34 inch UltraWide monitor 1 model 34WK95U

LGからついに5K解像度のウルトラワイドディスプレイが登場した。

34WK95U」はアスペクト比21:9の超横長モニターとなっていて、解像度は5,120 x 2,160ピクセル。つまり、横のピクセル数は「LG 5K UltraFine」と同じ、縦のピクセル数は「24UD58-B」など他の4Kディスプレイと同じであり、厳密には「5K」には満たない。

「Thunderbolt 3」ポートも搭載、Macユーザーにとって最適

とは言え、現状、4K解像度以上のウルトラワイドディスプレイは存在しない。Retinaディスプレイに慣れているMacユーザーにとって、4K以上の解像度を持つモデルが登場したことは非常に喜ばしい。

ディスプレイは「Nano IPS」テクノロジーを採用し、「HDR600」をサポート。ピクセル密度を計算したところ、163ppiだった。

入力ポートとして「Thunderbolt 3」ポートを搭載。1本のケーブルでデバイスからの出力およびデバイスへの電力供給ができる。

32インチ型4Kディスプレイ「32UK950」も登場

「34WK95U」と同時に、LGは32インチ型4Kディスプレイ「32UK950」を発表。

32 inch UHD 4K monitor 1 model 32UK950

「Nano IPS」の採用、「HDR600」のサポート似加え、「Thunderbolt 3」ポートを利用したディスプレイのデイジーチェーンに対応。「MacBook Proから1本のケーブルで複数台の「32UK950」に出力することができる。

ただし、ディスプレイ本体には最大60Wの電力しか供給できない点は注意が必要。

両ディスプレイは、2018年1月に開催される「CES 2018」で展示される予定。