シザー式キーボードを搭載した13インチ型MacBook Pro、2020年前半に登場か

物理escキーや逆T字型矢印キーが用意されるかどうかは不明、14インチモデルになるかどうかも定かではない

Mbp 16 2019

バタフライ式キーボードを廃止し、それまで採用していたシザー式に戻した16インチ型「MacBook Pro」だが、Digitimesによると、Appleはシザー式キーボードを搭載した13インチ型「MacBook Pro」を2020年前半までに発表すると報じている。

WistronおよびGlobal Lighting Technologiesが主要サプライヤーとして次期13インチモデルの製造を担当する見通し。

13インチモデル?14インチモデルになるか?

興味深いのは、「13インチモデル」と報じられている点。新しく発表された16インチモデルは15インチモデルと比べて物理的サイズはほとんど変えることなく、ベゼルを上下左右で削ることによってより大きいディスプレイを搭載することに成功している。

13インチモデルも同じような仕組みを駆使し、14インチモデルにならないのだろうか。

16インチモデルと同じ道をたどるとすれば、物理的に重くなり、サイズがわずかに大きくなり、厚みも若干増すことになる一方で、電池持ちも伸びるかもしれない。escキーも物理キーになり、矢印キーも逆T字型になることが期待される。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は2020年に発売されるすべてのMacBookはシザー式キーボードに移行すると予想。ただし、16インチ型「MacBook Pro」のブリーフィングにおいて、Appleは新しいシザー式キーボードが「プロモデルに採用」と言及していたとされていることから、「MacBook Air」に搭載されるかどうかは定かではない。

(Source: MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索