Foxconn内部関係者を名乗る人物、iPhone 8、Siriスピーカー、新型iMacやMacBookに関する情報を公開

Foxconninsiderを名乗る人物がiPhone 8」、「Siriスピーカー」、新型iMacや特殊キーボードを搭載したMacBookに関する情報Redditに投稿し、話題になっている。

同人物は以前、Appleが各キーにE-Inkディスプレイを搭載した「Magic Keyboard」を開発していると伝えていた。その後、WSJが2018年のMacBookシリーズはE-Inkを採用したキーボードが採用されると報じていたことから同氏の発言の信憑性はゼロではない。

今回は幅広い製品に関する情報を提供しているので、あくまでもAppleが検討している計画の一部として見てもらえればと思う。

iPhone 8」の「Touch ID」は背面にはない

ここ最近のリーク情報によると「iPhone 8」の「Touch ID」はやはり背面には配置されない可能性が高そうだが、Foxconninsider技術検証テスト(EVT)段階における実機を見たと発言。

この時における「iPhone 8」の「Touch ID」は背面に配置されていないとし、iPhone 7」のベゼルを薄くしたようなデザインであると伝えている。別のコメントではBGRが公開した最終設計デザインとされるモックアップに近かったが「もっとガラスが多かった」と説明している。

指紋センサーが背面に配置されないとなれば画面内臓が期待される「iPhone 8」の「Touch ID」だが、これらはテストされていたものの、当時は認証精度が低かったとのこと。最終的に「Touch ID」がどこに配置されたかは明らかにされていないが、少なくとも背面に配置されることは確実にないと伝えられている。

Siriスピーカーは「小さいMac Pro」のようなデザイン?

WWDC 2017」ではSiriスピーカーが発表される見通しとなっているが、以前Sonny Dickson氏が伝えていた通り、やはり「Mac Pro」に似たデザインになるようで、「小さいMac Pro」のような見た目だと伝えられている。

Appleはカメラを搭載したモデルやディスプレイを搭載したモデルをテストしていたそうだが、Siriスピーカーの最終盤はいずれも搭載しないそうだ。

iMacは2018年モデルに注目!ダークブラックモデル登場か

Apple幹部はiMacの新モデルが2017年中に発表されると発表していたが、Foxconninsiderによると外観の劇的な変化は2017年モデルでは行われないとのこと。

メジャーアップデートは2018年モデルになると予想され、より多くのガラスを使用し、ダークブラックな仕上がりになる模様。Appleロゴが点灯する仕様も復活するとされている。

2018年モデルのMacBookシリーズはE-Inkキーボードを採用か

近日中に新しいMacBookシリーズも発表されると予想されているが、2017年モデルはやはりメジャーアップデートではなく内部仕様のアップグレードに留まる見通し。

将来的にはダイナミックに変化するE-Inkキーボードを搭載したモデルが開発されているとのことで、評判が芳しくない「Touch Bar」はファンクションキーの代わりに存続するとのこと。つまり、将来的にはMacBookのキーボードはアプリケーションによってキー全体がダイナミックに変化する仕様になるということだ。

また、「Magic Keyboard」の2018年モデルは同様の仕様を採用し、E-Inkキーボードと「Touch Bar」を搭載するという。

AppleのAR機能搭載のメガネ型デバイスに関する情報も

今回Foxconninsiderが伝えている情報の中で最も興味深いのはAppleが1年以上前から開発していたとされるメガネ型ウェアラブルデバイスに関しての情報。

リリースは2019年が予定されているとのことで、メガネ型デバイスはセルロースアセテートフレームを採用し、骨伝導モジュールや複数のマイク、内部電池およびプリズムを搭載し、ユーザが視覚的に情報を見ることができるようになっているそうだ。

動作を認識するために加速度センサーが搭載され、これらを利用してユーザーが頷いたり頭を横を振ったりする動作が認識できるとのこと。また、静電式パネルがメガネフレームの一側面に用意され、音量調整や着信を受けることができるという。

これらの情報が正しいかどうかは分からないが、冒頭でも書いた通りAppleが検討している計画の一部として捉えておいた方が良いだろう。ただ、過去の製品アップデートサイクルと今回の情報を照らし合わせると2017年中に発表される新型Macは見た目の劇的な変化はなく、内部スペックの改良が主になりそうだ。

(via 9To5Mac

もっと読むiMacまとめ
もっと読むMacBook Proまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン