【レビュー】ケーブルや小物を綺麗に収納できるガジェットポーチ「THE POWER PACKER」

The Power Pack Cable Management Case 02

THE POWER PACKER」という、スリムで格好良いガジェットポーチを提供して頂いた。

実はこの商品はクラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達を行い、目標金額50,000円のところを6,608,580円も集め、1,321%達成を記録した注目のアイテムなのだ。

僕が普段使用しているガジェットポーチはNEXARY製のACアダプタポーチもの。あらゆる小物を持ち歩いている僕としては非常に使い勝手がよく、気に入っている。

今回は「THE POWER PACKER」を紹介するとともに、僕の持ち歩いているガジェットを移して使い勝手を確認してみたので、ガジェットポーチを探している人は参考にどうぞ!

煩雑になりがちなケーブル類が整理整頓しやすくなる

まずは「THE POWER PACKER」のポケットや機能を簡単に紹介する。

このガジェットポーチは大きく分けて2つのポケットが用意されている。見開きでアクセスできる、小分けにされたポケットが多数用意されているポケットと、大きめのアイテムを収納できるポケットがある。

これが大きいポケット。ここには電源アダプタや持ち運び用のマウスが収納でき、ポケットの奥まで入れることができる。
The Power Pack Cable Management Case 05

反対側はケーブル収納用のゴムやペン用のホルダー、SDカード用のポケット、さらには専用のポケットやホルダーなどで収納できない小さい小物を入れるためのメッシュポケットまで用意されている。
The Power Pack Cable Management Case 06

Makuakeに掲載されていた各ポケットの活用用途が解説された図を見るのが最も参考にになるので、載せておく。
The Power Packer Pockets

本体の作りも非常に頑丈で、個人的にはこのジッパーの光沢と存在感に惹かれた。最高。開け閉めする上で欠かせないジッパーがしっかりしていると、「良いものを使っている」ということが実感できる。
The Power Pack Cable Management Case 03

ガジェットポーチをまるごと持ち運ぶための取手も用意されている。バッグの中央はストレッチするポリウレタン・ナイロン・ファイバーという素材を使用しているため、大量のガジェットを詰め込んでも収納できる。
The Power Pack Cable Management Case 04

整理整頓がある程度できる人の方が相性が良いかも?

それでは早速NEXARY製のACアダプタポーチから「THE POWER PACKER」に持ち運んでいるものを移してみることに。

こうしてみると、サイズは同程度であるように見えるかもしれないが、「THE POWER PACK」の方が圧倒的にスリムだ。
The Power Pack Cable Management Case 01

サイズを比較するとこの通り。僕が使用しているものは厚みが倍以上あるのだ。果たして本当にすべて移し替えることができるのだろうか。
Size Comparison

結論としては、ほぼ移し替えることができた。入らなかったものは「そもそもこれを持ち歩く必要がないのではないか、というものばかりだったので、この機会に持ち運ぶことを止めた。普段持ち歩いているものを定期的に「本当に必要なのか会議」をするのも重要かもしれない。

メーカー提案の収納方法を完全に見落としていたため、僕独自の収納方法で小物たちを入れてみたが、特に問題なく収納することができたように思う。

MacBook Pro」用の充電器もUSB-Cハブも無事入れることができ、普段持ち歩いていたガジェットポーチの半分近いサイズで収まることに感動した。万が一小さいカバンにガジェットポーチを移したい時も、必要以上に場所を取らずに済む。

The Power Pack Cable Management Case 07

The Power Pack Cable Management Case 08

The Power Pack Cable Management Case 09

良いことばかりのように思えた「THE POWER PACKER」だが、使い始めてしばらくしていくつか自分に合わない点があることに気がついた。

1つは、大きいポケットのアクセスが悪いこと。収納はしやすく、ポケットそのものも深いので物は入るが、奥に入った物を取り出すために手前のものを一度取り出さなければならない。

もう1つは、完全に見開けることによる使い勝手よりも、ガジェットが落ちてしまうのではないかという不安の方が大きかったこと。しっかりとホルダーで抑えられるようにケーブルを挟むことができていなかったことも多く、欲しいケーブルを取り出すのに手間取うことが増えた。

「THE POWER PACKER」は、もしかしたらある程度整理整頓ができる人の方が向いているかもしれない。数あるポケットやホルダーのどこに何をどのように入れたことを覚え、毎回同様の方法で収納できるようなマメさが求められるような気がしてならない。

どうやら僕はそのような几帳面さは持ち合わせていなかったようだ。僕の場合、大量のケーブルが混線しないようにするためには「cheero CLIP」のようなケーブルクリップを積極的に使った方が良いのかもしれない。

とは言え、「THE POWER PACKER」は間違いなくしっかりとしたガジェットポーチだ。ある程度整理整頓を得意とし、使い方や入れるものを工夫すれば、ケーブルや小物を綺麗に収納して持ち運ぶことができるようになるはず!

気になる人は下記からどうぞ!

また、僕が使用しているガジェットポーチは下記からどうぞ!

関連記事