Apple、OpenSSLの重大バグ「Heartbleed」による被害はなかったことを発表

Heartbleed
全インターネットにおいて6割以上のウェブサービスが利用しているとされる「OpenSSL」において発見された重大バグ「Heartbleed」。

昨日、今すぐパスワードを変更するべきウェブサービス一覧を紹介したが、その時点ではAppleは「パスワードを変更するべきか不明なサービス」だった。

本日、Re/codeによるとAppleは「Heartbleed」による影響は受けていないことを伝えたようだ!

「AppleのサービスにOpenSSLを利用したことは一度も無い」

Appleの広報担当者からは以下のコメントが発表されている。

Apple takes security very seriously. IOS and OS X never incorporated the vulnerable software and key Web-based services were not affected


利用しているサービスが「Heartbleed」の被害を受けていないかを確認できるウェブサービス「Heartbleed Test」でチェックしたところ、上記スクリーンショットの通り影響を受けていないことも確認された。

「Hearbleed」は他人事ではない。他にも被害を受けたとされるウェブサービスは多数存在するので、以下のサービス一覧から使っているサービスが問題ないか見ておきましょう。

OpenSSLの重大バグ「Heartbleed」発覚に伴い、あなたが今すぐパスワードを変更するべきサービス一覧 | gori.me(ゴリミー)

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品