「iWatch」、今年10月に発表か?!仕様は「ほぼ固まりつつある」

iWatch concept
日本経済新聞によると、「iWatch」は今年10月に発表されると報じている!


「iWatch」という名称になるかは定かではないが、「腕時計型のウェアラブル端末」を発売すると伝えられていて、各種健康管理情報を取得できる他、アメリカの有力病院やナイキと定形するとのこと!

曲面有機ELディスプレイを採用、月300万〜500万台規模で量産予定

情報元によると、既に「iWatch」の仕様は「ほぼ固まりつつある」とのこと。時計本体は曲面有機ELディスプレイを採用し、軽量薄型なボディになる可能性が濃厚。睡眠や血中酸素濃度、カロリー消費量や血糖値など身につけているユーザーの健康情報を取得可能。


「iWatch」は月に300万〜500万台を量産するとも言われている。これは「腕時計端末の全市場を上回る数量」となっていることから、Eddy Cue上級副社長が「Appleは過去25年間で最高の新製品ラインアップを用意している」と発言していたことからも分かる通り、Apple自身も世界中から注目を集める「iWatch」に対してかなりの自信があることが伺える。

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった