Apple、SAPと企業向けモバイルサービスにおける提携を発表

SAP Apple
本日、Appleはヨーロッパ最大級のソフトウェア会社SAPと企業向けモバイルサービスにおける提携発表した。

SAPと言われてもピンと来ない人も多いかもしれないが、同社はマイクロソフト、オラクル、IBMに続く売上高で世界第4位のソフトウェア会社となっていて、特に大企業向けのエンタープライズソフトウェア市場においては圧倒的なシェアを持っている。法人市場に存在感を示したいAppleにとっては非常に良いパートナーである。

これは2014年7月に発表されたIBMとの提携に続くエンタープライズ市場のシェア獲得に向けた取り組みだ。SAPの強みであるビジネスアプリケーション群にAppleのハードウェアを組み合わせ、iOSがビジネスシーンで普及させることが目的となっている。

プレスリリース全文はこちらからどうぞ

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法