iOS App Store、6月1日以降の申請アプリは「IPv6」のサポートが必須に

IPv6 Support
先日、6月1日以降に申請するアプリはネイティブアプリであることを必須条件とすることを発表したAppleだが、iOS向けのApp Storeにおいても6月1日以降の申請アプリに対して新しい条件が提示された。

本日、Appleは2016年6月1日以降にiOS App Storeに申請するアプリは「IPv6」のサポートを必須条件にするとを案内している。対応を予定している開発者の皆さんはAppleが公開したガイドラインを参考に対応しておきましょう!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった