Google Chrome、OS X純正の通知機能を利用したプッシュ通知に対応へ

Google-Chrome-Logo.jpg
Google Chrome」の通知は長らくブラウザ独自の通知システムを利用してきた。つまり、Macで「おやすみモード」を有効化しても「Google Chrome」の通知は何事もなかったのようにバンバン飛んでくる仕様となっていた。

この状況がようやく改善される。「Google Chrome」の試験運用版に「ネイティブ通知の有効化」という項目が追加され、OS X純正の通知機能を利用したプッシュ通知が利用可能になっていることが明らかになった!

Chromeの通知をOS X純正の通知機能に切り替える方法

「Google Chrome」のプッシュ通知をOS X純正の通知機能に切り替える方法は非常に簡単。ブラウザを開き、新規タブで下記を打ち込み、エンター。

chrome://flags/#enable-native-notifications

すると下記スクリーンショットにあるような項目が表示されるので「有効にする」をクリックし、ブラウザを再起動(一度ブラウザを完全に終了し、再度起動)すれば有効化されているはず。

Enable native notifications
まだテスト段階であるため動作の安定性は保証されないが、気になる人は有効化してみるべし!


(via The Next Web

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった