iOS 14、パスワード管理機能を強化か

iCloudキーチェーン、パスワードの使いまわし防止や2ファクタ認証(2要素認証)をサポートする可能性

Keychain access for ios14

iOS 14」は、パスワード管理機能「iCloudキーチェーン」が大幅に強化される可能性がある。9to5Macが入手した「iOS 14」のコードから明らかになった。

「iOS 14」のiCloudキーチェーンは、パスワードの再利用を警告する機能が搭載されているという。パスワードの使い回しは複数サービスの情報が流出するリスクに繋がり、非常に危険とされる。

また2ファクタ認証(2要素認証)に必要とされるパスワードを保管する仕組みも用意されているそうだ。

2ファクタ認証は通常のパスワードを入力後、1回しか利用できない認証コードを必要とする、セキュリティレベルの高い認証方法。一般的には予め登録した電話番号宛などに認証コード付きの番号が送付される。

iCloudキーチェーンは、Mac、iPhone、iPadなどに提供されている無料で使える機能。2ファクタ認証をサポートすることでより認証がスムーズになり、安全性が高まる見通しだ。

ストーリータイムライン
8本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年04月02日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ないふ

    パスワードの自動作成がうまく機能してくれないからなぁ……

    1. g.O.R.i

      分かりますそれ……

  2. らき

    ワンタイムパスワードに対応してくれたら1Passwordがほとんどいらなくなるので是非対応して欲しいですねえ

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索