通知センターから簡単にアクセス!クリップボードアプリ「Copyfeed」が期待を裏切らない便利さ

Copy feed
クリップボードアプリは本当に便利だ。直前にコピーをした文字列以外のコピー履歴を簡単に参照でき、必要な文字列を貼り付けることができる。僕の場合、端末名や人物名などを入力する時に重宝している。


この快適さをiPhoneでも味わうことができる!TechCrunchで取り上げられていたクリップボードアプリ「Copyfeed」が期待を裏切らない便利さだったので、紹介する!

「Copyfeed」でiPhoneにおけるコピペが超快適に!

「Copyfeed」はiPhoneでモリモリテキストを打ち込む人にとっては間違いなく便利だ。以下にその様子を紹介するが、前提として「Copyfeed」アプリがバックグラウンドで起動していることが条件のようだ。

例えば、「『iPad Air 2』と『iPhone 6 Plus』使いのg.O.R.i」という文章があったとする。
Copyfeed
その文章をもとに「むかーしむかし、___は___と___を使って生活をしていた。」という文の穴埋めをする必要があったとしよう。
Copyfeed
iPad Air 2」「iPhone 6 Plus」「g.O.R.i」は都度打つのは手間なので、コピペしておく。本来であれば1つずつコピーしては貼り付け、としなければいけないが、「Copyfeed」が入っていれば心配不要。
Copyfeed
それぞれの単語を連続でコピーしてしまって良いのだ!
Copyfeed
3つの単語をすべてコピー。
Copyfeed
「Copyfeed」は通知センター用ウィジェットが用意されている。先ほどコピーした単語がすべてまとまっていることが分かるだろうか。
Copyfeed
あとはコピーしたい文字列をタップすればコピーされるので、貼り付けたいところに貼り付けて完了。
Copyfeed
その結果、このようにコピペで文章がスラスラと書ける。物凄く便利!
Copyfeed

アプリ内課金で広告非表示、画像のコピーも可能に

僕は基本的に通知センター内での「Copyfeed」ウィジェットしか使っていないが、当然、アプリも用意されている。ウィジェット内は最大5つの項目しか表示されないのに対し、アプリの方はもう少し多い。
Copyfeed
アプリ内課金をすることによって広告を非表示にし、画像ののコピーも可能になるとのことだったので、試してみることに。
Copyfeed
広告が消えた!
Copyfeed
Apple Online Storeの整備済みMac情報で使用したアイキャッチ画像をコピーしてみることに。
Copyfeed
アプリを開くとコピーされた画像に先ほどの画像があることが確認できた。残念ながら画像を複数枚コピーすることはできないようだ。
Copyfeed

通知センターウィジェットがとにかく便利

画像のコピーも使いようによっては便利かもしれないが、「Copyfeed」の魅力はやはり通知センターのウィジェットだろう。これがあるだけでテキスト入力が驚くほど快適になる。良いアプリだ!

「Copyfeed」は無料で利用可能。アプリ本体を使わずに通知センターだけで使うのであれば広告があってもなくても関係ないので、実質完全無料アプリだ。

個人的にクリップボードアプリは以前から欲しかったので、出会えて嬉しい!ダウンロードは以下からどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品