注意喚起!繋ぐとiPhoneにマルウェアがインストールされる充電ケーブル「Mactans」が開発される!

Lightning charger 【img via Cult Of Mac

あなたが繋いでいるそのLightningケーブル、実は危ないかも?!

Georgia Institute of Technology(ジョージア工科大学)が繋ぐとiPhoneにマルウェアをインストールできる充電ケーブルを開発したと発表した!今後はAppleの認定を受けていないサードパーティ製の充電ケーブルは危険かもしれない?!

繋げて1分以内にマルウェアを流しこむことが可能

開発された充電ケーブルの名前は「Mactans」。45ドルで購入できる、BeagleBoardと呼ばれるTexas Instruments製のシングルボードコンピューターで開発されたようだ。

この充電ケーブルに繋がれたiPhoneは脱獄・非脱獄関係なく1分以内にマルウェアに感染してしまう。侵入後、Appleが自社アプリを隠す手法と同じ方法で隠すため、一度感染すると発見することが非常に難しい

現状ではBeagleBoardが物理的に大きいため、Lightningケーブルに直接埋め込まれることは難しいかもしれないが、だからと言っていつ悪質業者がマルウェア入りの充電ケーブルを開発するか分からない。

今後Lightningケーブルを購入することがあれば、Apple純正のものかAppleの認定を受けたものを購入することをオススメする。

Apple Lightning - USBケーブル MD818ZM/A バルク品
アップル
売り上げランキング: 226

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー