【注意】「iPhone 7」、IP67仕様だが「液体による損傷は保証の対象外」

Design water resistant large 2x
iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」はiPhoneシリーズ初の防水防滴仕様。IP67規格となっているため、粉塵が内部に侵入せず、粉塵が内部に侵入しないという2つの基準を満たしていることになる。


Appleは「iPhone 7」シリーズを「防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えている」と説明し、「IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合している」と解説しているが、液体に傷は保証の対象外であると明記していることが明らかになった!

濡れたiPhoneは充電NG!乾かしてから充電しましょう

防水防塵仕様にしているものの、液体による損傷は保証の対象ではない。なんとなくモヤッとするがそういうものなのだろうか。

こちらも「iPhone 7」の仕様ページに書かれている。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

via iPhone 7 – 仕様 – Apple(日本)


IP67規格を満たしている「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」ではあるが、防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があると指摘。よって、必要以上に水の中にジャバジャバ入れるべきではない。風呂に持ち込んで風呂蓋の上に置いておくぐらいなら良いのかな。

なお、同じ注意書きの中には「iPhone 7」のジェットブラックモデルは使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があることも書かれている。


防水防塵仕様だからと言って調子に乗らなないように!今回からお財布としても使うことができるようになるので、新しいiPhoneは丁寧に扱いましょう!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法