ボストン・レッドソックス、「Apple Watch」を利用した対戦チームのハンドサインの盗み見が判明

Antoine schibler 22813 baseball unsplash

米メジャーリーグのボストン・レッドソックスが「Apple Watch」を利用し、対戦チームのハンドサインを盗み見ていたことが判明した。同球団はこれを事実であると認めている。

The New York Timesによると、試合のリアルタイム動画を確認できる部屋からチーム関係者がトレーナーにハンドサインを伝え、その情報がトレーナーから選手に通達されていたという。

この情報の伝達に活用されていたのが「Apple Watch」だったようだ。恐らく、純正の「メッセージ」アプリなど、何かしらのコミュニケーションアプリを使ったと推測される。

野球においてピッチャーが何を投げるかを決めるキャッチャーのハンドサインは極めて重要。バッターからすればピッチャーがどのような球種が投げられるかを知っているだけで大幅に打ちやすくなり、得点につながりやすくなる。

ハンドサインの盗み見は今に始まったことではない。電子機器の進化に伴い、MLBではダッグアウトにおけるスマートフォンを含むあらゆる電子機器の使用を禁止。ただし、「Apple Watch」のみ許可されていたことから、これを活用したハンドサインの盗み見が実現されてしまったようだ。

レッドソックスがこの件についてどのような処分を受けるのかは不明。この事実を告発したのはニューヨーク・ヤンキースのゼネラルマネージャーBrian Cashman氏だが、この指摘を受け、レッドソックスはニューヨーク・ヤンキースに対し、ヤンキース・グローバル・エンタープライズが運営するスポーツ専門チャンネル「YESネットワーク」のカメラを使用してハンドサインを盗んでいると主張している。

(via The Verge