タグ・ホイヤー、「TAG Heuer Connected Modular 45」を正式発表!モジュール型による幅広い組み合わせが可能に

TAG Heuer Connected Modular 45

タグ・ホイヤーから50年以上にわたるスイスの時計製造技術と、最新のテクノロジーが融合した「TAG Heuer Connected Modular 45(タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45)」が正式に発表された。

最大の特徴はモジュール型であること。コア10種類に、オーダーできる46種類と合わせて計56種類のモジュールがラインナップされ、さらにアクセサリーを追加すれば多彩な組み合わせが可能となっている。

機会式時計と同様に職人による設計、製造、組み立て

「TAG Heuer Connected Modular 45」はデジタル式コネクテッドモジュールを、高級時計の機械式モジュール(3針やCOSC認定クロノグラフ・トゥールビヨン)に取り替えることが可能。ラグ、ストラップ、バックルもモジュールが用意され、気分に合わせて自由に時計を交換できる最先端の高級時計となっている。

TAG Heuer Connected Modular 45

TAG Heuer Connected Modular 45

スペックも申し分なし。50メートル防水、GPS、決済用のNFCセンサーを搭載、解像度の高いAMOLED画面を採用。CPUはIntelの「Atom プロセッサ Z34XX」シリーズを搭載している。

TAG Heuer Connected Modular 45

Googleの「Android Wear 2.0」とタグ・ホイヤーの新しいアプリ「Companion」が用意される。4000通り以上の組み合わせ、そして写真も自由に設定可能なタグ・ホイヤーの時計の文字盤が楽しめる。

TAG Heuer Connected Modular 45

デザインの妥協は一切なし。チタン、セラミック、ピンクゴールドなど高品質の素材だけを使用し、ディテールにも細心の注意が払われているとのこと。

TAG Heuer Connected Modular 45

日本時間2017年3月15日(水)、タグ・ホイヤー ブティックと正規取扱店にて発売開始されるとのこと。価格は税抜き17万5000円。