Apple、ついにiOS 6でGoogle Mapsを捨てて3Dモード対応の地図アプリ「Maps」を採用か?!

mapsmockup

【img via 9to5Mac

Apple「サプラーイズ!」

とある信頼出来る情報筋によると、iOS 6は標準の地図アプリにGoogle Mapsを利用することを止め、独自の地図アプリにするようだ!


Appleは初のiPhoneを発売した2007年以来地図アプリのバックエンドとしてGoogle Mapsを利用してきたが、一昨年から去年にかけて買収してきた3Dマップ製作会社「C3 Technologies」、「Pushpin」と呼ばれる地図APIを開発した「PlaceBase」、オンライン地図サービスを提供する「Poly9」の技術を合わせることによって、既存の地図アプリよりも快適で美しい地図アプリを自社内で開発が可能になった。よって、今後は「Google Maps」ではなく、「Maps」と呼ばれるかもしれない。

9to5Macには以下のように書かれている。

According to trusted sources, Apple has an incredible headline feature in development for iOS 6: a completely in-house maps application. Apple will drop the Google Maps program running on iOS since 2007 in favor for a new Maps app with an Apple backend. The application design is said to be fairly similar to the current Google Maps program on the iPhone, iPad, and iPod touch, but it is described as a much cleaner, faster, and more reliable experience.

「C3 Technologies」の3Dマップはすごい!

Appleが独自で作る地図アプリ「Maps」の最大の特徴はGoogleも真っ青になる3Dマップ。スウェーデン発のこの会社は軍隊関連企業からのスピンアウトでありミサイル等で利用されていた衛星技術を利用するため、精度がかなり高いようだ。

「C3 Technologies」の3Dマップを利用してフーバーダムを見たのが以下の動画。

さらに、この技術をiPad上で閲覧した時のイメージは下記動画をどうぞ。

WWDC 2012で発表か?!

ここまでリークされていることを考えると、恐らく今年の6月に予定されているWWDC 2012で発表される可能性が高い。気になる、記になる…によると3D機能がiOS 6の目玉機能となっているようだが、果たしてAppleはどれほどのサプライズを用意してくれているのだろうか。

WWDC2012までちょうど1ヶ月。楽しみだ!!

(via 9to5Mac

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
「iOS」新着記事
トレンド検索