「iOS 13」の新機能が判明ーーiPadでマルチウィンドウ対応、新ジェスチャー追加、ダークモードなど

Daniel korpai 1416165 unsplash

WWDC 2019」で披露される見通しとなっている「iOS 13」には待望のダークモード「iPad Pro」に特化した機能が多数追加され1つのアプリ内で複数ウィンドウが表示可能になると噂されている。

9to5Macが関係者から入手した情報によると、iOS 13」の新機能により、iPadの使い勝手が大幅に向上するようだ!

iOS 13」に追加されるとの噂の新機能

以下に関係者が明らかにした次期iOSバージョンの新機能を紹介する。

ダークモードの提供、マルチタスク機能の強化

「iOS 13」ではダークモードが用意されているとのこと。これはiPhoneおよびiPadでも利用可能になり、システム全体として適用される見通し。

また、「Marzipan」を利用してmacOSで動作可能になるiPadアプリは、ダークモードに適用できるようになるとのこと。iPadアプリがダークモードに対応すれば、Macでもダークモードに切り替わった際に暗いUIに切り替わるようだ。

また、「iOS 13」ではiPadのマルチタスク機能が強化され、アプリの複数ウィンドウをサポートする模様。画面の一部に貼り付く使用となっているが、ドラッグするジェスチャーで自由に画面内を移動することができるとのこと。仕様としてはGitHubに公開されているオープンソースプロジェクト「PanelKit」に近いそうだ。

これらのウィンドウ(原文では「カード」と表現している)は重ねたり、重ね順を変えたりすることができ、macOSのウィンドウに近い操作性が実現できると期待される。カードはスワイプで閉じることができるとのこと。

「元に戻す」ジェスチャーの追加、フォント管理機能が追加

iPad向けに新しい「元に戻す」ジェスチャーが追加されるとのこと。

現状ではiPhoneやiPadで行った操作を取り消すためには本体を物理的に振る必要がある。iPhoneでは特に問題ないものの、iPadを物理的に振るという操作は不格好であり、新しい操作方法が必要とされていた。

「iOS 13」に追加される新しいジェスチャーは、キーボードエリアで3本指タップした状態で、左右にスライドすることによって「元に戻す」または「やり直す」になるとのこと。

完全に新しいジェスチャーとなっているため、OSアップデート後、キーボードを起動したタイミングで新しい操作方法を紹介するチュートリアルが表示されるようだ。

iPad向けのSafariも改良され、必要に応じてデスクトップの表示に切り替えるかをユーザーに確認する機能が追加されるとのこと。YouTubeでは現状、iPadのSafariで開くとスマートフォン用のUIが表示される仕組みになっている。

「iOS 13」ではフォント管理機能も「設定」に新しく追加されると伝えられている。

メールアプリの改良、複数アイテムの選択がしやすくなるなど

「iOS 13」の純正メールアプリはメッセージの内容によってジャンルごとに自動的に振り分けてくれる機能が追加されるそうだ。また、「Spark」などに用意されている「あとで読む」機能も準備されているとのこと。

サードパーティ製のドキュメントアプリ向けに「Pages」「Numbers」「Keynote」などで提供されているような複数人数で同時に作業できる機能や、複数アイテムを選択しやすくなる機能も開発されているとのこと。

開発者向けの新機能として、iPadにおける「Split View」モードの時に異なるカラーのステータスバーを使用できる機能も提供される模様。

音量UIの変更、リマインダーアプリの改良など

「iOS 13」では「リマインダー」アプリもUIが改良され、「Marzipan」の一環としてMacでも利用可能になる見通し。音量を調整する度に画面の中央を占有するUIも見直されるとのこと。

他にも「Hey Siri」の識別精度向上、キーボードや音声入力用における複数言語の精度向上、アプリ内から印刷する際の管理機能も改良されているとのこと。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索