AirTagが救世主!羽田空港で失くしたポーチと再会するまで

ガジェットポーチに突っ込んであったAirTagのお陰で取り戻すことに成功した貴重な体験談

ポーチを落とした場所は駐車場ではなかった

再び深夜帯の空港へ。駐車場に着いてまずはポーチの位置情報を確認します。

Airtag find 20211015 09
位置情報は相変わらずターミナルビルのまま

金曜の夜中に初めて見たときから変わっていません。受け取りの場所は、第3ターミナル1Fにある「ご案内カウンター」を指定されました。ターミナルビルの南端にあります。

Airtag find 20211015 10
またも深夜帯なので人気がない

深夜帯の受け取りにした理由は、日中だとご案内カウンターが混んでいる可能性があるため。ちなみにここも24時間対応なので、日付が変わる時間帯でも問題ありません。

Airtag find 20211015 11
第3ターミナルのご案内カウンター

国際線の運航が通常通りに戻れば何時に来ても混み合っているのかもしれませんが、今は空いています。本来はベルで係員の方を呼び出すのでしょうが、たまたまスタッフと居合わせ、呼び出してもらえました。

住所などの情報を記入し、本人確認書類を提示して遺失物の問い合わせ番号を伝えました。3分ほど待つとバックヤードから係員さんが出てきて、その手には3日ぶりに見るガジェットポーチ!

中身を確認すると何もなくなっていません。さすが日本(海外の事情は詳しく知りませんが……)。受領サインの記入後、「遺失物引渡書」というA4用紙を渡されました。

Airtag find 20211015 12
遺失物を受け取る際に渡される「遺失物引渡書」

駐車場で落としたと確認していたポーチですが、聞いてみると「CIQ棟手前の横断歩道」でした。ターミナルビルですらなく、近くの交差点でした。

Airtag find 20211015 13 2ポーチが落ちていた交差点 (Google Maps引用・加筆)

心当たりがあります。信号待ちの最中、離陸機を撮っていた超望遠から標準ズームへ付け替えたタイミングで落としてしまったのでしょう。空港付近を警備で巡回している方が見つけて届けてくださったそうです。

その方まで直接メッセージを届けてもらうのは難しいですが、お礼を伝えてもらえるようお願いしてみました。深夜帯にも関わらず対応してくださった係の方にもお礼を言い、カウンターを後にしました。

帰ってきたガジェットポーチ、AirTagも「所持中」に

駐車場へ戻りながら記念撮影。おかえり、ポーチ!

Airtag find 20211015 14
到着サインと記念撮影

「探す」アプリを開くと「自分が所持中」に表示が変わっています。自分のAppleアカウントが登録された端末と一緒に移動するとこうなるようです。

Airtag find 20211015 15 2
自分が所持中

思い出深いカメラ用のブロワーが戻ってきて本当に良かったです。入っていたものを買い直す前だったので救われました。改めて拾ってくれた方に感謝します。

Airtag find 20211015 16
写し忘れたモバイルバッテリも地味に高い

AirTagは有能!ただ存在を完全に忘れていた…

前述の通り、AirTagは欲しくて買ったというよりは、新しいものを体験しようという理由で買っただけでした。目的が購入することだけだったので、何も考えずに放り込んだのが今回のポーチだったので、本当に運が良かったです。

Airtag find 20211015 17
何気なく放り込んであったAirTag

AirTagはBluetoothで近くにいる端末と勝手に通信することで、Appleのサーバへ位置情報を登録します。落とした初日は近くに端末がなく、位置情報が更新されなかったようです。

リアルタイムではないですが、大まかな状況が把握できるだけで気が楽でした。”Air”Tagの名のとおり、まるで空気のように存在していることすら忘れていたものが大活躍でした。

まとめ

空港付近の道路で落としたポーチが、空港のターミナルビルに届けてもらえた」という事例の体験談でした。ポーチを持ち込まれたのが第3ターミナルで、国際線の発着が常にあることから電話問い合わせや窓口は24時間対応でした。国内線の第1、第2ターミナルは6時〜20時 (執筆時点) です。

落とした曜日や時間によってはすぐに遺失物のデータベースへ登録されるかもしれませんが、金曜夕方から週末にかけては翌週月曜の午前以降にならなければ判明しないケースもあるそうです。

また拾ってくれた方が警察官であったり、場所が少し違ったりすれば、空港警察へ直接届くこともあります。ターミナルビルに届けられたとしても、一定期間が経過すると空港警察へ持ち込まれるそうです。

AirTagは、通信できる端末が近くに通り掛からなければ位置情報が更新されませんが、発見に至る可能性を上げるものとして有用でした。

最後に改めまして拾ってくれた方、真夜中の電話対応をしてくださった当直担当の方、深夜の引き取り窓口対応をしてくださった方、本当にありがとうございました。

関連キーワード
公開情報
更新日2022年02月11日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:619012)

    見つかってよかったですね。
    私も子供の持ち物にAirTagをつけたことで落とし物をその日のうちに見つけることが出来ました。

    子供に持ち物の管理をしっかり教えないとと反省したのですが、つけておいて良かったな〜と思ったので小学生くらいの子供が持ち歩くものにAirTagつけるのおすすめです。

  2. Android厨(コメントID:619008)

    へぇ、Air tag って信者用の高いキーホルダーだけじゃないんだー。

  3. 通りすがりの読者(コメントID:619007)

    見つかってよかったですね。
    AirTagの有能さもわかり、やはり、忘れ物タグは大事なものと一緒にしておくと良いですね。

  4. とーる(コメントID:619006)

    良かったですねー
    私もお守りにAir tagの購入を検討します。

「iPhone用周辺機器」新着記事
トレンド検索