【レビュー】「Pictar One」ーーiPhoneのカメラ操作を大幅に向上するグリップ

PICTAR ONE for iPhone 7

iPhoneのカメラは非常に優秀だ。わざわざコンデジを持ち歩くよりも、iPhoneのカメラを使いこなした方が結果的に良い写真を撮ることができる。

ただ、iPhoneのカメラには片手で操作しづらい、という欠点がある。特に一眼レフカメラに慣れている人は、右手の親指で露出やISO感度を適宜調整したくなる人もいるだろう。

今回紹介する「Pictar One(ピクター・ワン)」はiPhoneのカメラ性能を向上する、デジタル一眼レフ風のカメラグリップ。グリップから発される超音波(18,500〜20,000kHz)を利用して専用アプリ「Pictar by Miggo」と連携し、片手で各種操作を行うことが可能になる。

1台サンプルとして提供していただいたので、その使い勝手を紹介する!

見た目は一眼レフ風!三脚、ストロボも装着可能に

まずは見た目から。手元にあるモデルは「iPhone 4s / 5 / 5c / 5s / 6 / 6s / SE / 7」に対応するモデル「iPhone 6 Plus / 6s Plus / 7 Plus」に対応するモデルもある。
PICTAR ONE for iPhone 7

iPhone本体をスライドして装着する仕組みとなっていて、最大サイズである「iPhone 7」でも薄いケースであれば装着した状態で取り付けることも可能。
PICTAR ONE for iPhone 7

装着するとこのような形に。
PICTAR ONE for iPhone 7

「Pictar One」には内側にこのような見慣れない電池が内蔵され、おおよそ6ヶ月ぐらい持つと言われている。型番は「ER14250」。本体をMicro USBなどで充電できないのが惜しいが、Bluetooth接続よりも遥かに長く使える上に、電池を買ったとしても3個入りで747円なので、ここは大目に見ておこう。
PICTAR ONE for iPhone 7

底面には1/4インチの三脚穴も用意されているため、ゴリラポッドなどを取り付けて使うことも可能。旅先などで活躍しそうだ。
PICTAR ONE for iPhone 7

ISO感度、シャッタースピードが操作しやすくなる各種ボタン

さて、肝心なボタンについて紹介する。主に操作するボタンは4つ。上から見て奥側にあるのがシャッター、手前の左側がモード切替ボタン、その隣が露出調整ボタンとなっている。シャッターは半押しでピント合わせをすることが可能となっていて、一眼レフカメラのように使うことができ、写真が撮りやすくなる。
Pictar One Settings

手前にはズームボタンかつカメラ切替ボタンとして使うことができるボタンが。左右に回転させるとズームすることができ、押し込むとカメラがゼノで切り替わる。旅先で風景を撮り、即座にセルフィを撮りたい時に役立つ。
Pictar One Settings

装着も楽々、握り心地アップで写真が撮りやすい

「Pictar One」を装着するとiPhoneが一気に一眼レフカメラ風になる。グリップ感が増し、握り心地がよくなるため、写真も当然撮りやすくなる。
PICTAR ONE for iPhone 7

また、カメラの切り替えを含む各種操作が片手でできるのもとても良い。個人的にiPhoneのカメラで写真を撮る時に露出を調整することは多々あるため、親指でグリグリすれば簡単に変えられるのはとても良い。
PICTAR ONE for iPhone 7

試しにこの記事を書きがてら机の上で撮った1枚。露出を低めにして撮ったのでなんだか雰囲気があって良い(と個人的には思っている)。
Photo Taken With Pictar One 01

オートモード ・ポートレートモード ・風景モード ・スポーツモード ・スノーモード ・セルフィーモード ・ビデオモード を含む様々な撮影モードが用意され、それらをモード切替ボタンで変更することができる。
PICTAR ONE for iPhone 7

ボタンの操作内容をカスタマイズすることもでき、ヒストグラムや傾き、グリッド表示などにも対応。有料のフィルターも用意され、手軽に”それっぽい写真”を撮って出しすることができる。
PICTAR ONE Settings

こちらはマニュアールモードで撮影した時の撮影画面。f値も表示されるが、これはあくまでも表示されるだけであり、残念ながら調整することはできない。
Taking photo With Pictar One 01

僕はカスタム設定にし、左側のボタンをシャッタースピードに変更し、スピード感溢れる写真を撮りたい時に素早くシャッターを切ることができるようにしている。

iPhoneのカメラでより良い写真を撮りたい人に良いかも?

PICTAR ONE for iPhone 7

実際に使うまでは半信半疑だった「Pictar One」だが、実際に使ってみると今までにないほど写真が撮りやすくなった。特に親指だけでシャッタースピードと露出補正ができることによってiPhoneで撮影できる写真の幅が広がる。外向きカメラと内向きカメラを瞬時に切り替えることができる点も、セルフィを頻繁に撮る人にとっては良いだろう。

税別12,800円という販売価格も、コンデジ並の性能を持つiPhoneのカメラだからこそ、その性能をフル活用するためのアクセサリーだと思えばそれほど高くない。

唯一使っていて気になった点は、iPhone本体が非常に熱くなること。本体が発熱することによって電池消耗も激しくなり、結果的にiPhoneの電池持ちが悪くなる可能性があるので注意が必要だ。

それ以外はとても気に入っている!iPhoneのカメラを今まで以上に使い倒したい、という人は購入してみるべし!

FOLLOW / 最新情報を購読