iPhoneとNTTドコモの「不適切な関係」

docomo_iphone5.jpeg

「ドコモからiPhoneが出たら買う」「ドコモからまだiPhoneは出ないんですか」そんな話を未だに耳にする。結論から言うと、出る出ないはおいといたとして、僕はドコモからiPhoneが出てほしくない。理由はスピード感を潰すからである。

メーカーを支配しようとするドコモ、キャリアを支配しようとするApple

今回話題になったのは以下の記事である。

ドコモ版「iPhone」は本当に可能性があるのか

確かにドコモはまだiPhoneを諦めておらず、可能性はゼロとは言えない。

iPhoneにドコモのロゴを入れたがる。

余談だが、BlackberryにもAndroidにも確かにドコモのロゴははっきりと書かれている。しかしAppleがそれを果たして条件として飲み込むだろうか。到底無理だと思う。ブランドイメージである端末本体に他社の文字があることをAppleが許すわけがない。

ドコモが支配しようとするApp Store

「AndroidやWindows Mobile用の統合マーケットを独自に提供する」,ドコモの山田社長が明らかに

さて本題だが、まずこちらの記事を読んでいただきたい。これはAndroid用のストア、Androidマーケットをドコモがキャリアとして作る。こちらに関して既に書かれている人がいらっしゃったのでご紹介いたします。

ドコモがAndroidマーケットを囲い込む恐怖

モバイル業界に入ってから一つ分かったことは何をするにしてもキャリアの審査が入ってくる。本当に細かい制限は山ほどある。詳しい話は上記ブログに書いてあるが、とにかく時間がかかる。Apple StoreはApple独自の「審査」が入るわけだが、これにもしドコモの審査が入った日にはいつまでたっても承認が降りないでしょう。Apple StoreこそiPhoneの持つ大きな魅力でもあるので、ただでさえ今現在Goole Voiceやらでもめている中にさらにドコモの独自の審査が入るとなるとモバイルとスピード感がつながらなくなるかもしれない。

日本のモバイル業界はスピード感が見方によっては早いけど、自由度の効くマーケットを提供できないという点においては遅れているのではないだろうか。ドコモは日本を代表するキャリアである。スピード感に欠ける伝統的な手法でiPhoneを取り込もうとするのは筋違いすぎる。

僕は是非ともSoftbankには引き続きがんばってもらいたい。モバイル業界に入ったからこそ感じることなのかもしれないが、ドコモを見ているとつくづく日本の総務省の力のなさ、ドコモの傲慢さ、そして国の力のなさにあきれるばかりである。

もっと読むiPhoneまとめ
関連記事