2019年のiPhoneは全モデルがトリプルレンズカメラ搭載か

Iphone 11 images

OnLeaks氏によると、Appleが2019年に発表を予定している新型iPhoneは、全モデル共通してトリプルレンズカメラを搭載する可能性があると指摘している。

また、iPhone XS/XS Max」の後継モデルのみ磨りガラスを採用し、「iPhone XR」の後継モデルには採用されないとの情報も伝えている。

トリプルレンズカメラが普及モデルに搭載、という違和感

いずれについても裏取りはできていないとのことだが、OnLeak氏は次期iPhoneのトリプルカメラデザインが確認できる図面トリプルレンズカメラ用パーツの写真と一致しているレンダリング画像を2019年1月時点で公開した人物。

すべてのモデルがトリプルレンズカメラを搭載するという噂はこれまで報じられてきた情報と一致しないものの、「AirPods 2」に関してもメジャーアップデートではなくワイヤレス充電対応ケースのみ近々発売との情報を正確に伝えていたことから、一考する価値はあるがやはり納得できかねる点もある。

次期iPhoneは基本的に2018年の3機種のアップグレードモデルになると予想され、本体サイズも変わらないと見られている。2018年のモデルで見ると、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」はハイエンドモデル、「iPhone XR」は普及モデルという位置づけで発売されている。

「iPhone XS」シリーズは最新の機能をすべて盛り込まれているが、「iPhone XR」は一般的に必要十分な機能を搭載することによって価格を抑え、より多くの人に最新の機能が使えるようにすることを目的としている。

その観点から考えると、「iPhone XR」の後継モデルがトリプルレンズカメラを搭載するのはあまり現実的ではないように思える。価格も引き上げられてしまうため、機能面だけではなく価格面においても「iPhone XS」との差別化要因が減ってしまうことになる。

一説には「iPhone XR」の後継モデルはデュアルレンズカメラを搭載するとの噂もあるが、引き続きシングルレンズになるとの見方もある。

最新の噂によると、次期iPhoneは双方向ワイヤレス充電対応に伴い、バッテリーも大型化さるとの噂。次期iPhoneの「Taptic Engine」、指で押した箇所が正確に振動する改良水中でも動作するディスプレイの搭載に関する情報もある。