Apple、一部の「iPhone 5s」がバッテリーに問題があることを認める!製造過程が原因か?

iPhone 5s battery problems

製造過程に原因があった?

The New York Timesによると、Appleは一部の「iPhone 5s」が極端にバッテリーが短くなっているという不具合を認めたようだ!

生産過程の何かが原因でバッテリーに影響を及ぼす

AppleのTeresa Brewer氏によると、ごく一部の「iPhone 5s」は製造過程が原因でバッテリーに不具合を起こしていることを発見した、とコメントしている。製造におけるどの過程で問題が起きていたかは明らかにされていない。該当する端末を保有しているユーザーには新規交換で対応するようだ。

“We recently discovered a manufacturing issue affecting a very limited number of iPhone 5S devices that could cause the battery to take longer to charge or result in reduced battery life,” said Apple spokesperson Teresa Brewer. “We are reaching out to customers with affected phones and will provide them with a replacement phone.”

影響を受けている台数は不明だが、恐らく数千台に上ると予想される。もし自分の「iPhone 5s」の電池持ちが極端に短い場合は一度Apple Storeで見てもらうのも良いかもしれない。

電池持ちで悩んでいる人は以下の方法も試してみるべし!

「iOS 7」を入れたiPhoneの電池持ちを改善する4つの方法 | gori.me

(via Apple Insider

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 5s」新着記事
トレンド検索