歴代iPhoneにおけるデザインの進化が見られるGIFアニメが公開

iPhhone 6 comparison previous models
iPhoneは劇的に進化している。3Gにさえ対応していなかった初代iPhoneから昨日発売開始された「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」まで、その変わり様は相当なものだ。iPhoneが発表された時は日本で酷評されていたのも、今となっては3キャリア揃って必死にユーザーをかき集めようとしている

正式に発表される前ではあったが、以前の記事で初代iPhoneから「iPhone 6」を並べた写真を紹介した。


こうして並べて見ると確かにディスプレイサイズは大きくなり続けている。丸みを帯びていた初代から「iPhone 4」の頃から角張るようになり、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」で再度原点回帰したように見受けられる。

GadgetLove初代iPhoneから「iPhone 6」まで歴代のiPhoneのデザイン変化をまとめたGIFアニメを公開していたので、紹介する!

7年間で進化したのは本体サイズだけではない

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のことを語る上で最も注目されるのはディスプレイのサイズではあるが、これまであった角が無くなり丸みを帯びたこと、音量ボタンが初期のiPhoneに似ていること、ベゼル部分が減っていること、そして本体の厚さが年々薄くなっていること。7年間で進化したのは単純にディスプレイサイズだけではない。機能を抜きにしても、ハードウェアデザインの面においてどれほど進化したのかがよく分かる。

以下どうぞご覧あれ!

Evolution of iphone 【img via GadgetLove

(via Cult of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!