Studio Displayに最新ファームウェアが配信開始。スピーカー問題を修正

バージョンは同じだが、ビルドナンバーは「19F77」から「19F80」に変わっている

Studio display web cam

Appleは7月5日、Studio Display向けに「Apple Studio Display ファームウェア・アップデート 15.5」の新しいバージョンを配信開始した。MacRumorsによると、バージョンは同じだがビルドナンバーは「19F77」から「19F80」に変わっている。

リリースノートによると、最新バージョンは、報告されていたスピーカーの不具合が修正されているという。アップデートは、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」から行う。

Studio Displayは、今年3月に発表。内蔵カメラはiPhone 11と同じ仕様で、1,200万画素のf2.4レンズを採用している。A13 Bionicチップを搭載し、64GBのストレージを内蔵していることから、実質的に”巨大化したiPad”とも言える。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索