「Lion Tweaks」はOS X Lionの細々とした不満をボタン一つで解消してくれるアプリケーション

OS X Lionにアップデートしてから、iOSとの統合を目指しているせいか、細かいところがSnow Leopardから変更されている。Lion Tweaks/はそれらを元通りに戻してくれるアプリケーションである。

lion tweaks

アプリケーション自体が英語なので、設定出来る項目を以下の通り簡単に翻訳してみた。

  • FinderでLibraryフォルダを表示する
  • Dockを2Dにする
  • システムのウィンドウアニメーションを無効化する
  • Mailのウィンドウアニメーションを無効化する
  • SafariのReading Listアイコンを非表示にする
  • スペルチェックを無効化する
  • 新しいStockのリストビューにする
  • マウスでかざしたときにDockをハイライトする
  • iCalのスキンをアルミに変更する
  • キーのリピートを有効化する
  • スクロールバーの常時表示を有効化する
  • 隠しファイルを表示する
  • クラッシュダイアログのポップアップを非表示にする
  • アドレスブックのスキンをアルミに変更する
  • アプリの自動復元機能を無効化する
  • FTPサーバーの表示を有効化する
  • Launchpadフォルダのバックグラウンドを変更する

個人的に一番ありがたいのはFinderでユーザーライブラリを表示出来ること。他にもスクロールバーを常時表示したり、iCalを見慣れたスキンに戻したりすることが出来る。

興味ある人は以下のリンクからどうぞ。

Lion Tweaks

http://ifredrik.com/applications/

関連キーワード
公開情報
更新日2013年04月28日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリの使い方・設定」新着記事
トレンド検索