Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法

MacでDVDプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法 【img via Mac OS X Leopard Install Disc in a Mac Pro by Tony Webster

「データDVD」ではない、DVDプレイヤーなどで再生できるようなDVDを焼く方法をお探しであれば、この記事をチェックするべし!

3週間で合計4本の映像を作った会社員のg.O.R.i(@planetofgori)デス。普段はすぐ体調が悪くなるくせに、平日に朝方寝てそのまま出社するような生活をしていたのに持ちこたえた自分の身体を褒めてやりたい。

さて、映像は作っただけでは未完成。書き出してDVDに焼く、そして皆さんに見てもらうまでが映像制作だ。過去に何度もMacでDVDを焼いているのだが、完成品をDVDに焼こうとしたら誤ってデータDVDを焼いてしまったので、今後の自分のためにもMac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法を紹介する!

「Burn」を使えばどんなDVDでも焼くことができる!

「Burn」を最初から使ってしまえばデータDVDでも再生DVDでも簡単に作ることができる。今後DVDを焼く予定がある人は要チェックだ!

まずは「Burn」というMac用アプリケーションをダウンロードする。公式サイトからどうぞ!ダウンロードリンクの場所は以下のスクリーンショットを参考にどうぞ!

Burn website

ダウンロードして「Burn」をインストール、起動すると以下の画面が表示されるはず。見ての通り、データDVD、オーディオCD、ビデオ再生用DVDなど、CD/DVDを焼くために必要な機能はすべて備わっている。

Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法
ただし、最初に設定しなければならないことがいくつかるので、それだけをチェックしておくべし!

1.リージョンフォーマットを「NTSC」に設定する

Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法
これらは設定の中にある項目なので、「Burn」の「Preferences」を開く。今回はデータDVDではなく、DVDプレイヤーなどで再生可能なDVDなので、右から2番目にある「Video」というタブをクリックし、「General」タブの中にある「Region」と書かれた項目を「NTSC」に変更する。

2.DVD用テーマを使用しない!

Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法
続いて同じ「Video」のタブを開いたまま、「General」の隣にある「DVD」というタブをクリック。下の方に「Use DVD theme」という項目があるが、これのチェックを外しましょう

いよいよファイルを選択してDVDに焼く!

Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法
この設定が完了していれば、あと何回かクリックすれば完了だ!終わりまでもう少し!

続いて、DVDを焼きたいファイルを選択する。が、その前に上記スクリーンショットにもある通り、今一度「Video」が選択されていること、そして「DVD-Video」が選択されていることを確認しましょう。ここが間違っていたら元も子もない!

では、いよいよファイルを選択しましょう!この時、ファイルを選択すると以下の画面のようにファイル形式を変換してもいいか聞かれる。この辺りは言われた通りに進めていけば問題ないので、「Convert」を選択し、変換されるのを待つ。ファイルの容量が大きければ大きいほど変換に時間が掛かるので、気長に待つべし!ちなみに、ファイルの保存場所は元々のファイルがある場所と同様で問題ない。

Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法
変換が完了するといよいよDVDに焼く作業に入る。右下にある「Burn」を選択し、確認画面でも「Burn」を押せば完了!あとは焼かれるのを待つだけ!

Mac用アプリケーション「Burn」を使ってプレイヤーで再生できるDVDを焼く方法
当然この時にはDVDがドライブにセットされている必要があるが、それまではセットしていなくても問題ない。万が一DVDがセットされていない場合は「Ready to burn」と書かれた箇所にエラーメッセージが表示されるはず。

焼き終わると音と共に通知され、自動的にDVDプレイヤーが立ち上がり再生される。問題なく焼けていることを確認し、終了!お疲れ様でした!


あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法