学生みんなが特待生。

Macで解凍済みの.zipファイルを自動的に削除またはゴミ箱に入れる方法

Macbook air in trash can
【img via Trashed MacBook Air by ryan_fung

Macには普段使っていないが、知っておくと恐ろしく便利な機能がまだまだ沢山ある。

今回紹介するのは解凍完了後に残ってしまう.zipファイルを自動的にゴミ箱に入れてしまう方法。解凍後、高い確率で不要になる圧縮ファイルを解凍と同時に削除するよう、設定しておくべし!

「アーカイブユーティリティ」で「ゴミ箱に入れる」を指定

まずはSpotlightまたはインストールしているアプリケーションランチャーから「アーカイブユーティリティ」を起動。
Archive utility

メニュバーから「アーカイブユーティリティ」の中にある「環境設定」をクリック。「Command + ,」でも表示することが可能。
Archive utility settings  以下が「アーカイブユーティリティ」の環境設定。「展開したファイルの保存場所」と「展開後」の動作を指定することができる。
Archive utility

「展開後」のデフォルト設定は「アーカイブをそのままにする」になっているが、プルダウンをクリックすると「アーカイブをゴミ箱に入れる」または「アーカイブを削除」の他、アーカイブを指定した場所に移動することができる
Archive utility

「アーカイブをゴミ箱に入れる」を指定した場合、言葉の通り元の.zipファイルがゴミ箱に入るが、「アーカイブを削除」を指定した場合、ゴミ箱に入ることなく完全に削除される。個人的には万が一元ファイルが必要になった場合のことを考えて「ゴミ箱に入れる」方を選択することをオススメする。